つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

流浪する机(その2)

 先日投稿した”流浪する机(フォールディングデスク)”ですが早速改造です。

 完成後陽を求めて移動しながら便利に使っていました。(これは中々具合が良いです!!)
が、補助テーブルを大きく作り過ぎた弊害が出ました。
この補助テーブルに大きな力を掛けると全体が傾いてしまう事があります。
一度は補助テーブルに手を突いてて立ち上がろうとして、危うく机をひっくり返すところでした。

 
 これは補助テーブルに力が掛かると、”テコの原理”で手前のキャスターを軸に机の反対側が持ち上がってしまう為です。
補助テーブルが大き過ぎたので丈を短くすれば解決出来ると思いますが、折角広いテーブルを造ったので、このままの形状で何とかならないか少し検討することにしました。


 対策は”机を重くする”事。
そこで抽斗の奥にあって気になっていた無駄な空間を早速有効活用して、ここに重量物(本など)を詰め込める物入れ部屋を付けました。



a-物入れ
<(左)奥の空間に床と壁を張って1部屋増築 / (右)扉も付けて見た目も改良>


 取りあえず重い鉛蓄電池(電柵用の予備バッテリー)を入れて見ましたが、これだけ重いと確り効果がありました。
さらに棚を付けて本などを入れるとより効果が上がると思います。
これで暫く様子を見たいと思います。


2016.02.29
関連記事

Comment

非公開コメント