つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

デジイチ用治具作成

 ”デジイチ(ミラーレス)”を購入当時は色々な事をやってみたいと計画していましたが、買ってしまうとやる気が出ません。
購入から大分時間が経ちますがほとんど使いこなせていません。
おまけに撮影中に設定を変更すると元に戻せないことも度々です。
ということでほとんど使っていません。
おまけに農作業が始ると中々カメラをいじるまとまった時間が取れずにいます。


 さてそんな状況ですが、デジイチを購入した目的の中の一つに”星空撮影”がありました。
星の軌跡が北斗七星を中心にして同心円の円弧を描いている、良く観る御馴染の写真です。
昔の”一眼レフ(フィルム)”時代には登山のテント泊の折りに、”バルブ撮影”でやっていました。


<ネパールの星空: 本当に綺麗でした/ネガ不明の為発見出来たら後日掲載します>


 ”コンパクトデジカメ”ではこのバルブ機能が無かったのですが、今度購入したデジイチではこれが出来ます。
しかしデジタルカメラは電子シャッターなので、昔のメカ式のレリーズが使えないので、バルブ撮影中ずっとシャッターボタンを押していないといけません。
そこで治具を自作しました。


a-レリーズ固定治具_1698
<レリーズ固定治具: 昔のフラッシュホルダー改造>



 これで昔のレリーズが使えるようになりました。
これで三脚撮影時でもブレ防止が出来そうです。


 ところがところが、これを作ってからデジイチでは”PCやタブレット(スマホでも)用リモート制御ソフト”と言うものがあることが分かりました。
メカ式のレリーズと違って、色々な機能を持っているようです。

 少しインストールを試みましたが、これは中々複雑です。
・・・複雑なのはソフトの機能ではなく、その前段階のカメラとPCの接続の問題です。

この件はもう少し良く勉強してから後日投稿したいと思います。


関連記事

Comment

非公開コメント