つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

マイブーム

今朝の最低気温は”-14.6℃”でした。
先日初めて-10℃を越えた時には、これ以上は今年は無いだろうと思っていたので余計寒さを感じます。
それでも天気予報では来週から暖かくなる見込みという事で、玄関前の風防室設置は見送る事にしました。(面倒!・・・”ズクなし”です)


 さて今我が家は”中国語ブーム”です。

 昨年末から奥さんの職場に中国人の研修生が3人来ているそうです。
日本語のレベルは3者3様で、一人はほとんど日本語が話せないそうです。
最初は筆談をしていたようですが、次第に面倒になって来たので中国語を勉強する気になったようです。


中国語辞典
<中国語辞典:(左)21元(¥300)、(中)5.5元(¥80)・・・何故か同じ物が3冊>


 そこで登場したのがこの中国語辞典です。
これは私が昔仕事で中国に行っていた時に使っていた物です。
当時中国では書籍は驚くほど安く、行く度に現地調達していたので増えました。(ただ装丁は驚くほど雑です)
購入した日付が書いてある物があり、見るともう20年も前の物でした。


 20年前と云えば、日本企業の中国進出のはしりの頃です。
当時は今程中国語学習の環境が良くなかったので、最初は日中友好協会の中国語教室に参加したり、TVの中国語講座で勉強しました。


 現在は中国語の教材は非常に豊富で、選択に困ります。
その中でタブレットのフリーソフトを使って勉強をはじめています。
辞書や会話、ゲームの様な基礎教育ソフトなどそれこそ沢山あります。
文章を正確に読み上げてくれるソフトもあり、やる気さえあれば自力でそれなりのレベルにはなりそうです。(その”やる気”が一番の問題ですが・・・)


 私も少し齧ってみましたが、20年の歳月の長さを改めて感じました・・・・・・。 (笑)


2016.01.25
関連記事

Comment

非公開コメント