つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ドブロク講習会

 ようやく雪が降って寒くなりました。
今日は”真冬日”だったそうですが、”ドブロク作り講習会”をしてきました。

 正月が終わった頃に親戚の伯父さんから、「冬で暇だから、ドブロクの作り方でも教えてもらえないか?」と電話がありました。
親戚中で一番”日本酒好き”と言われている人です。
昔夏に”自ビール”をお土産に持っていたことが有ったのですが、「ビールはいいわ!」とやんわり(?)断わられたので、後日ドブロクを差上げた事がありました。(そのドブロクが気に入った様です)


 さて最初なので必要器具と必要材料一式を準備していましたが、ようやく揃ったので講習会をしてきました。


a-醗酵容器
<醗酵容器: 器具といってもこれだけ、”梅酒瓶”で作るより良いでしょう>


 醗酵容器は何時ものリサイクル容器です。(濃縮野菜ジュースの輸入容器/オランダ製・・・中国製ならタダでも御免です)
¥250也。 ・・・¥50値上がりした様な気がします?

 購入した容器のままで、何も加工しなくても全く問題無く使えるのですが、一工夫してみました。
醗酵状態が見える様に”ガス抜きチューブ(シリコン製)”を付けました。
蓋に取り付けた青色の器具は”熱帯魚用逆流防止弁”。(これが無くて、チューブだけでもOK)
水を入れたコップにチューブの先端を入れると、醗酵しているとプクプク泡が出る仕掛けです。
この仕掛けは”ほんの御愛嬌”で、無くても全く問題ありません。(・・・”男のロマン”です)


【ドブロク作り詳細はここをクリックしてください】


 講習会と云っても、この本に書いてある内容を説明しただけです。
事前に炊飯器で5合の御飯を炊き上げて、冷ましておいてもらったので、講習会そのものは20分弱で終了。
余りの呆気なさにややあきれ顔の様でした。

 これで10日から2週間、毎日1回攪拌していると、出来上がります。
完成したらザルで漉して、酒粕と分離するだけなのでこちらの講習は必要ないハズです。(多分?)

 次回は自力で仕込むと思いますが、農家ですからたぶん屑米もあるのではないかと思います。(ドブロクは屑米で十分です・・・但し玄米は雑味が多くなるので止めた方が無難)
これで又一人、”自家醸造家”を育成してしまいました ・・・??

2016.01.19
関連記事

Comment

非公開コメント