つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

宝石箱(福箱)

 正月に松本方面に行った時立ち寄った道の駅で”福袋”ならぬ”宝石箱(福箱)”なるものを購入しました。

 時々農産物を購入している”道の駅今井”の入り口前のテントに箱が綺麗に100個位並べられていました。
贈答用のリンゴの販売かと思ったら、これが正月の初売りの”宝石箱(福箱)”だという事です。
価格は全て¥1,000 ・・・箱は梱包テープで密閉されていて中は全く見えません。

 
 売り子のお兄さんが言うに「中に入っている物は箱ごと全て違っていて、¥2,000から¥5,000の品物が入っている。」
との事でした。

  箱を持ち上げると重さがマチマチで、500g程度から5kg位まで様々あります。(ガラガラ、ガサガサ、ゴロゴロ、・・・ガチャン??)
試しに1箱購入。・・・意地汚く、重さの最も重い物の一つを選びました。(・・・ダメモト(運試し)です)
直ぐに車の中で確認してみたら、確かに¥2,000以上と思われる品物でした。


宝箱 (1)
<”宝石箱”という名の福箱>


 肝心の道の駅は正月明けの初売りで午前中という事もあって、農産物の出荷は少なく特に野菜類はほとんどありませんでした。
そこで”ドライアップル用”の格安リンゴをメインにリンゴを沢山購入してきました。


 帰りがけに先の”宝石箱”をもう1個購入したいと物色していると、同じ様に物色している人がいました。
この方は近くに住んでいる人の様で、箱のラベルをジッと観て選定していました。(良く観ると箱に出品者名のラベルが貼り付けてありました)
それとなく聞くと、「出品者は”農家の人”、”加工食品を作っている人”、”納入業者”の3通りある。」との事。

 そこでその人に良さそうな箱を教えてもらいました。(出品者とお知り合いの様でした)
購入したのは”農産物加工をしている人”が造った箱です。


宝箱 (2)
<宝箱の内容: (左)1箱目¥2,700相当、(右)2箱目¥3,800相当>


 ¥2,000の投資で¥6,500相当の食品がゲットできました。
何時もは高価で手の出ない”果汁100%ジュース”や”特産ドレッシング”が沢山入っていました。(消費期限も全く問題ないものでした・・・在庫処分ではなかった)
服飾品の福袋では後でガッカリする事も結構あるようですが、入っているのが道の駅内で販売している品物と分かっているので、この”福箱企画”は中々良いアイデアですね!!(・・・しかも品物の値段が直ぐ分かる)


2016.01.05
関連記事

Comment

非公開コメント