つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

玉コンニャク作り

 これまで今年収穫した生芋でのコンニャク作りを数回程やっています。
作った生芋コンニャクはほとんどは”板コンニャク”で、時々は”糸コンニャク”も作っています。
今年のコンニャク芋の出来は良かったので、春までにコンニャク作りで消費しないといけない3~4年生の生芋は10数個あります。(コンニャク作りとしては約50回分です)

 昨年は大分サボってしまいましたが、今年はそれでも張り切って、コンニャク料理が出ない日が無いほど、頻繁にコンニャク作りをしています。
しかし美味しいコンニャクも毎日となると流石に飽きが来てしまいました。


 そこで料理の幅を広げるべく、”玉コンニャク”の依頼を貰って検討を行っていました。(依頼者は奥さん)
しかし色々WEB検索をしましたが、現在手作業で玉コンニャクを作っている人は居ない様で、書き込みが全くありません。

 それでも一つだけ見つけたのが昔の製造法で、

 『熱湯を煮たてた大鍋の周りを人がズラッと取り囲んで、コンニャク糊(固める前のコンニャク素材)を手で丸めて大鍋に放り込む。』

と言う物でした。

 玉コンニャク作りは大変なので、昔は特別な行事の時にだけ集団で作られていた、大変な貴重品だったことが分かりました。
現在市販の玉コンニャクは専用の”玉コンニャク製造機”と言うものがあって、簡単に自動で製造出来る様です。


 家庭でも”玉コンニャク料理”を作るためには、少なくても100個位の玉コンニャクが必要で、これだけの量をを手で丸めるのは非常に大変です。

 そこで最初から治具を使う事を前提にしていて、こんなものを考えてみました。


玉コンニャク (1)
<自作の”玉コンニャク製造器具”: 百均の”製氷皿”を改造・・・これで一組です>


 片方の製氷皿に板コンニャクの原料(型に入れる前の物)を詰めて摺り切り放置する。
5分程放置して少し固まったら、上に蓋用の製氷皿(同じ形状)を被せて、上下左右に振りたくって球形に丸める。

玉コンニャク (2)
<製氷皿で成型した玉コンニャク: ”玉”というよりは”俵”ですね>


この成形した”玉コンニャク”を熱湯の中に放り込んで完成。
この方法で完成した”玉コンニャク”がこれです。


玉コンニャク (3)
<自作”玉コンニャク”: 一応合格点は貰えました>


 今回板コンニャク作りの原料を横流しして、1回だけ試作してみました。
この出来が良かったので板コンニャクを作った後もう一度玉コンニャクを作る予定で素材を残してありましたが、15分後には既に固まっていて成形不能でした。
『大鍋を沢山の人で取り囲んで・・・』は直ぐに固まってしまう素材を極短時間で処理するための先人の知恵ですね。

 道具は出来ましたたが、これを使っても玉コンニャク作りは成型に時間が掛かるので、大量生産の為にはもう少し素材作りの改良も必要な様です。


2015.12.23
関連記事

Comment

非公開コメント