つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電ドル不具合

 昨日はようやく自動車のタイヤをスタッドレスに履き替えました。
当面雪は降りそうにないのですが、何時かやらなければならない作業なので、天気が良くて気温が高い日を選んでやりました。(今日の異常な天気から、昨日やって置いてで本当に良かったと思った次第です)

 さて先の作業小屋の柱交換で”電ドル”の不具合が同時に2件起きてしまいました。

 柱交換には2組の電ドルを持って行きました。
これが今回同時に2台とも不具合発生で、作業を一旦中止して持ち帰ってきました。


 まず最初の”電ドル”の不具合です。

この”電ドル”について前にブログに投稿してありました(ここをクリック

前に投稿した時も、購入してみたものの『どうも胡散臭い』と思っていたのですが、その危惧が現実となってしまいました。

 初めて購入した”リチウムバッテリー”の期待の電ドルでした。
柱交換時に長さ90mmのコースレッドを接合部に4本連続でねじ込んでいたら4本目の最後に突然止まってしまいました。
バッテリーを外したり、スイッチを何回かON-OFFしていたら回転を始めましたが、今度は少しの負荷で直ぐに止まってしまいます。
パワーが出ないのです。
長さ90mmの木ネジ(コースレッド)をねじ込むのは不可能でした。


 2件目は別の電ドル(ニカドバッテリー)の不具合です。
これは前記の”リチウム電ドル”が使えなくなったので代わりに使用して、残りの90mmのコースレッドは無事ねじ込みました。
次に別の作業で、2mm厚の鉄板にΦ5mmのドリルをくわえて、クラッチを切ってドリルモードにして穴明けをしていた時、最後の貫通時にドリルの刃が鉄板に噛んで止まりました。
この噛んだドリルを外すのに、正転逆転を繰り返したのですがまったく外れません。
仕方ないので強引に捻って外しましたがお蔭でドリルの先端が折れました。

 ところがところが今度はチャックから折れたドリルが外せません。
ゴム手袋をはめた手でやってもチャックが全く回らずドリルを外せません。
長年コードレスドリルを使ってきましたが、今回のようなケースは初めてです。

 という事で、持ち込んだドリルが2台とも使えなくなったので、作業を中止にして帰ってきました。


 1台目は電池が無くなったと思われたので帰ってから充電してみましたが、何時まで待っても”充電完了のサイン”が付きません。
それでも使ってみると暫くは使えますから、いくらか充電は出来ている様です。
バッテリーの不良なのか、充電器の不良なのかは分かりません。(もしかしてドリル本体の異常?)
購入してから3回しか充電していませんが、このドリルシステムはダメですね。(初期状態は未確認でしたが、最初からの欠陥商品でしょう!)


 2台目の販売元は米国の一流メーカー品。(製造は中国だと思います)
家に帰ってきてからチャックを大型の万力に挟んで回転させたのですが全く外れません。
チャックの径が太いので、普通のペンチやプライヤーの口には全く入りません。
暫く打つ手が無くてそのままになっていました。
本日思い付いたのがこれです。


故障電ドル
<水栓プライヤー(ウォターポンププライヤー)2丁: 柄が長いだけに、流石にこの道具のトルクは凄いですね>


 これで簡単に、それこそ呆気なくチャックを回すことが出来、無事ドリルがチャックから抜けました。
チャックにもドリルの軸にも全く傷がありませんので、削って喰いついて外れなくなったのではなさそうです。
穴明けでの貫通時に瞬間的に非常に大きな力が加わってチャックに想定外の締め付け力が働いた様です。
こちらの電ドルは今後も問題なく使えそうです。(機械の欠陥ではありません)


 いずれにしろ作業現場で機械が動かなくなると本当にお手上げです。


 さてさてリチウムバッテリーの電ドルは困りました。
至る所に『家庭用』と表記されていた電ドルです。
自力厚生は出来ないし、保証期間(6カ月・・・短すぎ)は既に2カ月過ぎていましたが販売元にメールで不具合内容を動画を添付して問い合わせた後、クレーム返品しました。(中国メーカー品のOEMの様ですね)
まだ回答がありませんがどうなる事でしょうか??・・・興味津々で待っています。

 ・・・結果はまた投稿させてもらいます。

2015.12.11
関連記事

Comment

こんばんは。

恐らく どちらも対応外の使い方じゃないでしょうか?
リチウム電池の物は 連続負荷でモーターに異常が出ているように思います。
パッケージに「φ4.1X38mm」と書いてあると言うことは38mmの物をネジ締めする作業に対応って意味に考えられますので、90mmだと長いですし、トルクも12N・m程度の物ですから、モーターも貧弱そうです。

ニカド電池の物も先に2mmを開けてから5mmじゃないとニカドのパワーでしたら厳しい気がします。
僕の経験で考えると開くときも有れば熱を持って中断しないと駄目な時もある状況に陥るパターンです。

リンクされた先の投稿の最後へのコメントになりますが、
日本では「DIY」=「日曜大工の延長」というイメージがまだまだあり
パッケージの「家庭用」とは手回しのドライバーの代わりに電動の早回しドライバーを使う程度を想定し、家は建てるのはDIY(日曜大工の延長)ではなく本職さんでしょ?って事なんでしょうね。

まあ、それにしても保証期間6ヶ月は短いですね。

No title

 ゆうせーさん こんばんは
コメントありがとうございます。

 おっしゃられる通り結果的にこの使い方はこのコードレスドライバードリルの能力オーバーの使い方のようです。
これまで使っていたニカド充電ドリルは、小屋のセルフビルド等で使っていて、120mm程度まで使いましたが、ねじ込めない事は多多ありましたが壊れてしまうことはありませんでした。

 今回も能力的には心配していましたが、この程度で簡単に壊れてしまったのは想定外です。
限界を超えていた可能性はあるかもしれませんが、それは良くある話でその為の保護回路が無い(と思われる)のは設計ミスにちかいですね?


 さて日本メーカーの工作機械(電動工具)は米国のDIYの世界ではかなり評価が高いと思います。
しかもそれを個人輸入なら値段も国内販売の半値程度で入手可能です。
一方国内ではプロ用の機械は恐ろしく高く、日曜大工用は安かろう悪かろうの両極端です。

 日本メーカーにはもう少しDIYの領域まで販売対象に含めて考えてくれるとありがたいと思います。

非公開コメント