つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

いぶりがっこ作り開始

 今年も『いぶりがっこ』作りを始めました。

 昨年試験的に作った”いぶりがっこ”でしたが、これが思いの外美味しく出来上がり、しかも普通の大根漬けが酸くなる時期を過ぎても全く問題無く最後まで美味しく食べる事が出来ました。
家人や知人にも好評で、多くのリクエストを頂きました。

 
 先日収穫した大根を3日間程天日干ししてありましたが、その内の50本程を燻しだしました。
今年はいぶりがっこ用に天日干しした大根は100本程ありましたが、燻しに使うスモーカーの容積の関係で残念ながら半分だけになってしまいました。(かなり細身の物です)
使用するスモーカーは、昨年同様以前作った石窯です。(最近全く使っていません)


イブリガッコ (1)
<石窯に吊るした大根: 予定ではもっと詰め込むハズでしたがこれで目いっぱいでした>


 これで楢の薪を燃やした煙て燻します。
スモーク発生装置は昨年一斗缶で作った、”いぶりがっこ専用燃焼器”です。
これで薪が大きな火を出さず、且つ消えないように燃やすのですが、これが結構大変です。
1時間間隔で火の確認が必要なので、深夜を除き3日間ほど燻し作業を行う予定です。

 ”いぶりがっこ”を作るのも中々大変です。


イブリガッコ (2)
<いぶりがっこ専用燃焼器: ”燃やさず”、”消さず”この加減が大変>


 
 WEBを見ていたら、本場秋田では”ニンジンのいぶりがっこ”と言うものが載っていました。
いぶりがっこはダイコンだけではないようです。
来年はニンジンもやってみたいと思います。(・・・しかしニンジンは猿の大好物なんですよね)


2015.11.23


追)

 ”いぶりがっこ”の3日間(日中だけ)のスモークが完了しました。
今回はかなり順調なスモークが出来たような気がします。
以降は従来通りの大根漬け(ヌカ漬け)を行います。
完成が楽しみです。

a-スモーク完了
<スモーク完了>


2015.11.25
関連記事

Comment

非公開コメント