つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

冷凍保存2件

 自作農作物が一時に大量に出来ると保存方法に苦労しますが、冷凍保存もその中で有効な方法です。
そんな冷凍保存品を使ったった2件の自作結果です。

1.冷凍コンニャク芋で糸コンニャク作り

 先日今年栽培したコンニャクの収穫をしました。
又早速2回程”生芋コンニャク作り”も行っています。
久し振りの生芋コンニャクは美味しくて、今年のコンニャク芋の出来は非常に良かったと思います。


 さてそうしたら、冷凍庫に昨年の”冷凍コンニャク芋”がまだ残っている事が分かりました。(忘れていました)
これまでも時々この冷凍芋でコンニャク作りをしましたので、冷凍芋で”コンニャク作り”が出来るのは実証済です。
それでも1年近く冷凍保存した芋でも問題なくコンニャク製造ができるかどうかは未知数です。
今年収穫した生芋がたっぷりあるので、捨てても良いのですが、それでも勿体無いので試験的にコンニャクを作ってみる事にしました。

 ”刺身コンニャク”は今年の生芋で作った方が美味しいのは明らかなので、今回”糸コンニャク”を作ることにしました。
原料となるコンニャク製法は”浸漬法”で生芋コンニャク作りと全く同じです。
この糸コンニャク、生芋で作る時も結構当たり外れ(出来る時と出来ない時)があるので、これが冷凍芋で問題なく作ることが出来れば、冷凍保存は非常に有効な保存方法と言えます。


冷凍芋糸コンニャク (1)
<解凍での劣化防止のため冷凍芋のまま摺り卸し: 今回250g使用>


冷凍芋糸コンニャク (2)
<出来たコンニャクを突き出し治具を使って鍋の熱湯の中に突き出しする>



冷凍芋糸コンニャク (3)
<出来た糸コンニャク: 上出来です>



 冷凍芋でも問題なく糸コンニャクが完成しました。
この冷凍保存は有効です。

 しかし何時もながら、この糸コンニャク製造は使用した器具の汚れ(コンニャクの付着)が酷く、後の始末が大変です。
更なる改良を考えたいと思います。


2.冷凍ホップでビール作り

 今年のホップの作柄はそれほど良かったわけではなく、従来の保存方法に問題がある訳ではありませんが、今年は収穫した半分を冷凍保存しました。
昨年初めて作った”生ホップビール”の余りの美味しさに、これを1年中作る方法はないかと考えた末、試験的に冷凍保存することにしました。
ここでこの”冷凍ホップ(生ホップとは言えないので)”を使ってビール作りをしてみました。


冷凍ホップ (1)
<冷凍ホップ: 冷凍状態でフードプレセッサーで粉砕>


冷凍ホップ (2)
<粉砕したホップを”ホップ袋”に入れて煮込みます>


 今回のビール作りは、冷凍ホップの為前処理(粉砕)が追加となりましたが以降の工程は従来となんら変更はありません。
ホップの冷凍保存期間はまだ3ヶ月間ですが、使った感触としては”生ホップ”とほぼ同じでした。
高い香りや爽やかな苦みも生ホップ使用時と同じでこの保存方法は非常に有効だと思います。

 こちらは現在一次醗酵の最中で、今後二次醗酵、熟成の工程を経るので、最終結果(味見)は3ヶ月後になります。
それで一次醗酵容器を置いている部屋が醗酵ガスに含まれるホップの香りで満たされています。
これは乾燥保存したホップを使った時には無い事で、完成ビールへの期待大です。


2015.11.21
関連記事

Comment

非公開コメント