つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

新年の計

 現在右手の指先、3本に”しびれ”があります。
この症状は昨年からの持越しです。
 
1カ月以上前に右腕の痛みと右手の親指、人差し指、中指の3本の指先だけがしびれる症状が出ていました。
最初の症状は肩の後ろ当たりに鈍痛があっただけだったので、”寝違え”と思っていました。

 ところが2・3日経ってから腕と指先に症状が出ました。
それが1週間以上も継続していて、PCマウスの操作も出来ない位の支障が出るようになりました。(車の運転にも・・・マウスは左手操作)
流石にこれは体に何か重大な病気が有るのではと考えて、真剣に医者に行こうかと考えていました。(・・・”心筋梗塞”、”脳梗塞”、”糖尿病”??)


 さてこの症状は何科の医者に行くべきかNET検索していて、同じ症状で悩んでいた人の書き込みを見つけました。
結論は『日頃使わない手や腕の筋肉を使う事で、指先にしびれが出る事が多い』のだそうです。(特に年寄に・・・)
この症状は突然現れる(私の場合もそうでした)のでびっくりして病院に駆け込んでくる人が結構いるそうです。(中には”脳梗塞”と思って救急車で来る人も)

 治療法は原因を明確にして暫く安静にしていると治るそうです。(原因を明確にするのは症状が出た本人を安心させる為・・・真因は”老化現象”!!)


 そこで私の場合の原因を色々考えてみたところ、”柿もぎ”をした直後だったことを思い出しました。
前に青柿を”柿渋製造”に使った柿ですが、幸い秋には猿の被害にも合わず、色付いていました。
そこで勿体無いので干し柿にする為に、”三脚と高枝バサミ”を使って、柿取をしました。(200個程)
これまで(50年以上?)実が生った事が無かった柿の木で、枝が伸び放題となっていたので流石に非常に苦労しましたが頑張って収穫しました。
この作業は上を向いて、長い高枝バサミを振り回し、枝の切断と保持とで結構腕と右手を酷使しました。
恐らくこれが原因だと思います、それ以外は思い当たる節はありません。


 これで病院に行って、「最近使ったことのない筋肉を使うような作業をしませんでしたか?」
と聞かれて、最後に「原因は老化現象です!!」と言われるのも癪だと考えて、家でしびれと痛みにジッと耐えていました。
病院にも行かずここで1カ月を過ぎましたが、大分良くなってきたので生活や仕事でも支障が有るわけではありません。
痛みは無くなりましたがしびれはまだ少し残っていてます。

 たぶんこの症状とはまだまだ長いお付き合いが必要な様です。


 さて当時柿の木の先端にまだ取り残しの柿が相当数残っていて、次回2段梯子を持って行って残らず取ることを考えていましたが、今回の件で様子見の暫くの間に、猿に全て綺麗に取られてしまいました。
昨年3種類の柿で干柿を作りましたが、我が家の柿で作った”干柿”は味と食感で中でも一番の出来となりました。
残りの柿を猿公(えてこう)に取られたのは、返す返すも残念至極!!


a-柿の木剪定 <猿に残った実を全てを綺麗に取られた柿の木>



 申年の年頭に当たって、今年は手の届かない高さの幹や枝は切り詰めて木を全体的に低くして、『猿公には1個たりともやるもんか』と強く決意した次第です。


2016.01.07
関連記事

Comment

No title

同僚が右腕が痛いと言い出し、咳をすると痛い、響くから大声で話しかけるなと言い出しました。
病院で検査し頚椎症性神経根症で、手術するほどでもないから、1年位すると治まると言われて我慢していました。
2年ほど立ちますが、元気に遊び回っています。

無理せずズク惜しみせず、お大事にお過ごしください。

No title

はい、共通の悩みですね。

本当に医者はスペードのエースは「老化」ですね・・・・・

No title

皆様 本年も宜しくお願いします。
 コメントを拝見すると、このての症状は結構身近にあるようですね。
車のハンドルが握れなくなった時には焦りましたが、多少時間は掛かっても”安静”にしていると自然治癒するようです。
この間岩登りもやってしまいましたが”年寄の冷や水”とならないように、ソコソコに頑張ってやりたいと思います。

No title

マウス肩(長期間マウスを使用することで筋肉が無自覚のまま緊張し続け生じる肩の痛み)、「スマホ肘」というのもあるんだそうです。
過ぎたるは猶及ばざるが如し。 ものごとは中庸が大事。

イイカゲンで中途半端な私には無縁か…。

No title

 現役時代”マウス腱鞘炎”に掛かった事があります。
右手でのマウス操作が出来なくなり、訓練して”右手用マウス”を左手で操作できるようになり、半年ほど使っていました。
お蔭で今回もこの時の操作感覚が残っていて、左手操作でも問題なくPC操作が出来ました。(若い時に何でも経験しておくものですね・・・?)
非公開コメント