つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

コンニャク収穫

 急に寒くなってきて、大慌てで作物の収穫を行っています。
昨年に比べ、ほとんどの収穫作業が約1週間前倒しとなっています。


 昨日はキウイの収穫をしました。
今年のキウイの出来はあまり良くありません。
ほとんどが小振りで、数も多くありません。
夏の暑さと、晴天が続いた事もあると思いますが、一番の原因は”受粉の失敗”だと思います。
受粉作業を忘れていて、気が付いた時にはほとんど良い雄花が無い時期で十分な受粉が出来なかったのです。


 本日はコンニャクの収穫をしました。
こちらは例年になく豊作で、コンニャク作りに使う3~4年生の芋は十分確保出来ました。(消費するのが大変)
しかしここ暫く雨が降っていないので、畑がカチカチで収穫は大変でした。
本日は作業の最後に片手間で収穫するつもりでいたのが、お蔭でしっかり時間が掛かって、作業を終わるころには身震いするほどの寒さとなってしまいました。


コンニャク収穫 (2) <(左)3~4年生・・・これだけでコンニャク作り約50回分、(右)生子(0歳児)>

コンニャク収穫 (1) <1年生>

コンニャク収穫 (3) <2~3年生>



<本日収穫したコンニャク芋: 暗くなってコンデジでは上手く写真が撮れませんでした>


 
 ヤーコンも豊作の様でしたが、コンニャク収穫後に試し掘りする予定が夕方非常に寒くなってきたので逃げ帰ってきてしまいました。
来週は又暖かくなるようなので、後日確認したいと思います。

2015.11.01
関連記事

Comment

非公開コメント