つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

丸太ベンチ改良

 大分前になりますが”チェンソー製材”を始めた当時、製材作業に慣れる為に丸太の半割加工を沢山行いました。
又その丸太を使って、ベンチも沢山作りました。
その丸太ベンチは一部磨き加工を行って室内で使っている物もありますが、ほとんどが戸外で使われています。
又一部は知人にも差し上げたりもしました。

 その屋外設置のベンチの脚は、丸太製の縦置きで上部をV字カットした上にベンチの半割丸太を載せてありました。
脚は何も防腐処理をしていなかったので経時的にどうしても腐りが出てしまいます。
先日そのベンチを差しあげた知人宅に伺った折り、脚が腐ってきて使えなくなってきている事が分かりました。
上部のベンチ部分はまだ使えるのですが、脚の腐りの為に危険な状態になっていました。
そこで脚改善を検討していました。(供給責任上)


 木製品の趣は非常に良いのですが、屋外で使用する場合の最大の欠陥は”腐り”です。
木の腐りを防止することは出来ませんが、それでも色々延命を検討した結果、一番腐りやすい脚をブロックと単管部品で作ることにしました。
『簡単に加工出来』、『腐らず』、しかも『費用が安い』方法だと考えて試作してみました。


丸太ベンチ改良 (1)
<試作した”単管脚屋外ベンチ”完成品>


 単管部品は強度確保の上では非常に優秀で、屋外使用が前提の部材なので錆難い特徴があります。
しかも何といっても価格が安いのでDIYで使う材料としては最適です。


丸太ベンチ改良 (2)
<半割丸太の脚取り付け部加工: プランジルーター+自作加工治具>


丸太ベンチ改良 (3)
<脚取り付け部加工: 固定ベース取り付け部の平面加工上がり>


丸太ベンチ改良 (4)
<脚(固定ベース)取り付け: ベンチの木は檜です>


丸太ベンチ改良 (5)
<脚土台: 重量ブッロックを切断して単管をコンクリートで固めました>


 この屋外用ベンチの脚は嵌め込み式になっています。
ですから分解、移動、設置が簡単に出来ます。
又丸太の防水処理として”柿渋塗装”しました。
今回使った柿渋はこの秋に自作したものです。
まだ熟成が出来ていないので十分な効果は期待できませんが、幾らかは効果があると思います。

 さてこの完成した丸太ベンチですが、その安定性に感激です。
単管と固定ベースのガタがほとんどなく、ブロックの重量もあって、座っても”微動だにしていない”と言ったところです。
この脚素材の為に多少見てくれは悪いですが、実用性は十分だと思います。(見映え改善で塗装を検討中です)


2015.12.05
関連記事

Comment

非公開コメント