つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

テーブルタップから異臭

 奥さんの洋裁机に最近設置したテーブルタップが燃え(焼け?)ました。
スチームアイロンの電源をこのテーブルタップに繋いで使っていたところ、突然電気が切れて使えなくなったそうです。


テーブルタップ (1)
<燃えたテーブルタップ>

 このテーブルタップは”OA機器専用”と書いてある1500Wまで使用できる物です。
以前私がPC用で使っていたものですが、PC環境が変わってコンセントの数がこんなに必要なくなり、極最近奥さん用に転用しました。(大き過ぎて邪魔になっただけですが)
これまでミシンや蛍光灯スタンド等で使っていた時には問題なかったそうですが、今回初めてアイロンを接続したら切れたそうです。

 原因究明の為分解したところ、内部は強烈な異臭がしていました。
原因は”ヒューズホルダー焼け”。
ヒューズホルダーの外側まで溶けて膨れた様になっていました。
異臭はこのホルダー(材質ベークライト?)が焼けた臭いでした。


 テーブルタップ (2)
<ヒューズと焼けたバネ>


 ただ焼けたヒューズをテスターで当たってみたら導通がありました。
15Aのヒューズには過電流は流れていなかった様です。
という事は、ヒューズや使っていたアイロンの異常では無いという事です。

 さて原因は??
ヒューズホルダーの中から、黒く焼け焦げたバネが1個出てきました。
ただバネの先端にあるはずの電極板(端子)が見当たりません。(焼けて溶けてしまった?・・・そんなハズは無いですね、最初から無かった??)
真因は不明ですが、どうもヒューズホルダー内部のヒューズとの接触部で接触不良を起こして焼けた様です。
これまで長期に渡って使っていましたが、OA機器は消費電力が小さいので問題なかったものと思われます。


テーブルタップ (3)
<ヒューズホルダー交換: 小型のヒューズに変更しました>


 このテーブルタップは”OA機器専用・ノイズフィルター付き”のプレートは付いていますから”アイロン”は使用してはいけない・・・?
そんなことはありませんね。
アイロンはOA機器ではないですが、800Wですから問題ないハズです。

 新しいヒューズホルダーを買ってきて交換したら治りました。
これまでは大型のヒューズホルダー(Φ6×15A)だったのですが、狭い処で無理な配線の引き回しでストレスが掛かっていた可能性も考えられたので小型のヒューズホルダー(ミニヒューズ:Φ5×10A)としました。
この結果アイロンも問題なく使えることを確認しました。


 安全回路であるヒューズ部分が燃えるのは想定外です。
 『本来最後の砦であるべきはずの”ヒューズ廻り”が焼けたのはいかがなものか・・・』
何処にでも危険はあるという事ですね。


2015.11.07
関連記事

Comment

非公開コメント