つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

柿渋作り

 昨年失敗した”柿渋作り”に再挑戦です。


 昨年は干し柿用に剥いた皮を使って柿渋作りに挑戦して見事に失敗しました。
良いアイディアだと思ったのですが、やはり柿渋は原則通り”青柿”で作らないとダメなのが証明出来ました。

 さて今年は青柿をどこで入手しようか考えていて、春先親戚にお願いしてあったのですが、先日栗林だった斜面の草刈りをしていて、柿の実が付いているのに気が付きました。
この柿の木は以前は栗の木の裏側にあって、日が当たらないので実が付かなかったのですが、栗を伐採したので陽が当たる様になって昨年その存在に気が付きました。
昨年はほとんど実が付いていなかったのですが、今年は結構沢山生っています。

 このままでは猿の絶好の餌食になってしまうだけなので、今のうちに取って”柿渋作り”に再挑戦することにしました。

柿渋 (2)
<柿の木>

柿渋 (1)
<収穫した青柿: 少し気づくのが遅かったので色づいている物もあります>

柿渋 (3)
<ヘタを取り除いて、細かく切り分けて置きます>

柿渋 (4)
<ミキサーで粉砕>



 収穫した柿はヘタを取って切り刻んだ状態で、8kgありました。
これをミキサーに掛けたところ、一発でミキサーが動かなくなりました。(コイルが焼けた嫌な臭いがしてきました)
最初目いっぱいの500gを入れたのですが、柿の実が堅いのでカッターが回りません。
量を少し減らしてやり直してみましたが、今度は機械がウンともスンとも言いません。
これは壊してしまったのかと思いましたが、機械の底の部分にあった”赤いボタン”を押したら動きました。
過大な負荷でモーターに過電流が流れると自動的に電気を遮断する回路になっている様です。
赤いボタンはこのリセットボタンでした。


 さて色々条件を変えてトライした結果、最終的に柿の実250gと水250gを入れて10秒動かす事で連続粉砕が可能になりました。
お蔭でこの作業を都合30回程行うハメになりました。(これは中々辛い)
昔ながらの作り方は、臼と杵で潰して作ったようです。
ミキサーが無い時代はこれは結構大変な作業だったに違いないと思います。



a-醗酵容器
<出来上がった柿渋の原料: 醗酵容器は昔堆肥作りで使った”こまわり君”です>


 この原料をこのまま容器の中で数日醗酵させてから、晒で絞って液だけにして、これを更に1年以上熟成させると”柿渋塗料”が出来上がるそうです。
良い塗料とする為には最低でも2年、出来れば3年は熟成させる必要があるようです。(5年が良いという書き込みもあります・・・5年は待てないので2年目標とします)

 さてめでたく”柿渋塗料”出来るかどうか、2年後のお楽しみです!!


2015.09.25
関連記事

Comment

非公開コメント