つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

穴あき長靴改造(災害用備品)

 長年農作業で使っていた長靴ですが、側面に穴が明いて水が入る様になってしまいました。
新しい長靴を買ってきたので、捨てようと思いましたが、その前に少し遊んでみる事にしました。


穴明き長靴 (1)
<穴明き長靴2足>


a-穴明き長靴 (5)
<少しづつ切り刻んで様子を見ました: 中々良いデザインになりません>


穴明き長靴 (4)
<最終形状: スリッポンシューズと短靴です>


  2階のベランダ用の履物なら使えそうですね。(・・・人に見られることがないから)
 暫く使って様子をみたいと思います。


 尚地震等の災害時、家から出ようとして割れたガラスや食器で足の裏を負傷する事が良くあるそうです。
使い古した長靴は側面に穴が明くほど弱くなっていても、靴底はまだしっかりしているので、そんな時には役立ちそうです。
見た目が悪いので普段は恥ずかしくて使えなくても、2階の寝室にでも置いて置いて災害時に備えたいと思います。

それなら改造しない方が良かったかもしれません・・・(汗)


2015.11.13
関連記事

Comment

非公開コメント