つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

東京JAZZ

 先日の夜FM放送を点けたら、偶然JAZZが流れていました。
非常に心地よい曲で、魅了されてしまいました。
暫く聞いていたところ、これが”東京JAZZ”のライブ中継であることが分かりました。

 演奏していたのは” ジャック・ディジョネット・トリオ”。
   ・ジャック・ディジョネット(ドラムス&ピアノ)・・・このピアノが又良いのです
   ・ラヴィ・コルトレーン(サックス) ・・・ ジョン・コルトレーンの息子
   ・マシュー・ギャリソン(ベース) ・・・ ジミー・ギャリソンの息子
最高ですね !!!


 高校生の時にFENを聞いていて感動した音楽が、暫くたってからJAZZだったと分かりました。
それ以来JAZZに魅了されています。
就職してからはほとんど聞くことが無かったJAZZでしたが、退職後作った”パイプスピーカー”によって、再びJAZZを聞く機会が増えました。

JAZZ用パイプスピーカー
<今使っているJAZZ用パイプスピーカー>


 JAZZ愛好家しか知らないと思いますが、この時期毎年『東京JAZZ』と云う日本で最大のJAZZの祭典が開かれています。
3日間程のコンサートですが、世界的に人気のJAZZ演奏者が多数登場します。

 今ではコンサートチケットを買って聞きに行くほどの関心はありませんが、何故か偶然毎年このライブを聞いていて懐かしがっています。
世界的に人気の演奏家を招いてのライブなのでCDには無い迫力や熱気、楽しさがあります。
放送の全てを聞いているのではないですが、毎年感動するプレーヤーが居ます。

それが今年はこの”ジャック・ディジョネット・トリオ”でした。
昨年は”アーマッド ジャマル (JAZZピアニスト)”でした。
暫くJAZZの情報が無いなので、私にとってはいずれも初めて聞く名前でした。

 と云う訳で放送を聞いてから何時も慌ててCDを捜しています。
この”東京JAZZ”は10月にBS放送(NHK)が有るそうなので、これを聴いてからCDの選定をしたいと思います。


2015.09.07
関連記事

Comment

非公開コメント