つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ボビン巻取り機

 台風が愛知県に上陸した時間に、丁度太陽が3日振り位で顔を出しました。
その時の気象庁の”高解像度降雨ナウキャスト”ではこんな感じでした。

台風0909②
<台風上陸時刻: 綺麗に2分割された雲の切れ間に入っていました>

住んでいるのが元々長野県でも比較的台風被害が少ない場所で、嬉しい事に今回も被害はありませんでした。


        ##################################



 さて連日の雨降りで外仕事が出来ないので 『ボビン巻取り機』なるものを作りました。


 今年も先日無事ホップの収穫を終えましたが、その後始末です。
最近はホップ栽培の方法が大部分かってきて株数も増えてきました。(逆に栽培方法、品質はいい加減になっています)
お蔭で”弦上げロ-プ”の長さも大分長くなってしまいました。

 ホップ栽培農家ではこの弦上げロープは毎年新しい物を使うようですが、私の場合その都度回収して専用のボビンに巻き取って繰り返し使っています。(勿体無いので・・・貧乏性)
収穫の効率化の為ロープを切って落とすので、後で回収してから繋ぎ合わせてボビンに巻き取る事にしています。
この巻き取る作業は両手でボビンを回転させながら巻き取る必要があって、最近は結構長くなったので思いの外大変で、毎年閉口していました。
そこで今回この”巻き取り装置(ボビン巻き取り機)”なるものを作りました。


a-ボビン巻取り機
a-ボビン巻取り
<ボビン巻取り装置; 1ボビンで120m位>


 廃品利用です。
ハンドルは昔使っていた”かき氷製造器”の氷を回すハンドルです。
反対側の回転支点は一輪車から外した”ベアリング”を使っています。
この装置を台に固定して使いますが、回転がスムーズで非常に効率よく作業できました。
これまではロープの巻取り作業では毎回2時間近く掛かっていましたが、今回は30分で終了しました。

 ただ今回装置の製作に2時間程掛かりました。
又1年に1回しか使わない物なので次回使うときにはきっと探し出すのに小一時間掛かると思います。(笑)

2015.09.09
関連記事

Comment

非公開コメント