つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

郵便配達はベルを鳴らす

 『大型郵便受(箱)』を作りました。

 奥さん名義で定期的に届く通販カタログがあります。
これまでは宅配便でしたが、最近郵便で届くようになりました。・・・背景はコストダウンでしょう。
送られて来るカタログそのものには変わりなく、大型で分厚い物で郵便受けには入らないサイズです。
宅配便の場合は玄関前に黙って置いて行ってくれていましたが、郵便屋さんは必ず玄関のチャイムを鳴らして手渡しです。
不在時には”不在配達票”を入れていきます。

 これが毎回非常に煩わしいので、今回配達員に宅急便と同じ様に玄関の外(タタキ)に黙って置いて行ってもらいたいと言ったところ、「郵便受けに入らない物は、直接手渡しする決まりになっているので出来ない。」との事です。(流石お役所仕事ですね)
この件でさらに話をしたところ、解決策を教えてくれました。
大型郵便物が入れられる大きさの”箱(郵便受け)”があればOKだという事でした。


 この煩わしさを改善するためにはどうしても”箱”が必要なんだそうです。(本当は郵便局の内規を変えればいいだけだと思うのですが)
”箱”であればどんなものでも良いそうです。(ダンボール箱でも?)
といっても玄関前に常時設置する物なので、早速廃材を集めて『箱』を作りました。


a-大型郵便受け1
<栗の一枚板です: 虫食いや割れだらけ・・・廃材の”タンスの裏板”です>


a-大型郵便受け2
<完成した”箱”: 表の節穴も裏の板の隙間(不足分)も内部を見る明り取りとして便利です>


a-大型郵便受け3
<玄関に取り付けた”箱”: 古家に見合った”箱”になりました>


 これで”郵便配達はベルを鳴らさず”に置いて行ってくれるでしょうか?



2015.08.29
関連記事

Comment

No title

完成時から渋くて(エイジング)趣きがありますね。
栗なら雨にあたっても強いので、末代まで使えますね。

No title

 おはようございます。

 家人からの評判は良いです(笑)
これまで利用してくれた人は、”新聞屋さん”と”ポスティング”の人です。
一応認知されたようです。
さて郵便屋さんは・・・?
非公開コメント