つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

かぼちゃ専用電気柵

 少しまえから、畑の隅の”堆肥枠”の横からかぼちゃが成長している事に気が付いていました。
昨年食べたかぼちゃの種を堆肥の中に捨てたのが腐らずに発芽したものだと思います。
どうせロクな物は出来ないだろうと思っていましたが、そのまま成長するに任せてありました。
生えたのが堆肥の中からだったのでその成長は凄まじく、瞬く間に一面のかぼちゃ畑になってしまいました。
ところが先日この弦の中に大きく成長したかぼちゃがゴロゴロしているのに気が付きました。
実の形状の違うものが2種類程あります。


 最近の作物には”F1”と言われる物が多いのでこのかぼちゃもF1からの種(F2?)であれば、食べられるかどうかも分かりません。
実の形状が2種類あるというのも、F2である可能性が高いと思います。
しかし折角ここまで大きく成長したので、最後まで確認してみる事にしました。(勿体無いのが一番の理由?)

 このままでは確実に猿に取られてしまうので、このかぼちゃの廻りを電気柵で囲みました。


かぼちゃ専用電柵
<かぼちゃ専用電気柵>


 これには電気柵を設置する前まで使っていた、”ジャガイモ用猿防御網”を解体して使用しています。
既存の電柵の1辺を利用して残りの3方をこの防護網で囲っています。
電源(+電源)は既存の電柵から分離して、SUS線と”ペットボトル碍子”を使って引き回しました。
急遽でしたが2時間で”かぼちゃ専用電柵”が完成しました。(増設面積約24㎡)
材料は全て先に電柵を作った残りの材料を使いましたので新規投資0です。

 このかぼちゃが本当に食べられる代物なのかどうかは、今後のお楽しみです。


2015.08.27
関連記事

Comment

非公開コメント