つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

市販電柵電源試験(2カ月目の結果報告)

 電柵死亡事故を受けて全国的に総点検が始まっている様です。
長野県でも”電柵の総点検指示”がでたとの報道がありました。

電柵点検指示 長野県
<長野県の電気柵点検指示>


 先日部落で設置した電柵の具合が悪いという事で、頼まれて一緒に点検で廻ったことがありました。
すると電柵電源本体から電柵に入っている電線(+極)が電柵の付け根で切断されて地面に転がっていました。
多分猿が電線にぶら下がったか、傍を通った時に電線を引掛けて切ったのだと思います。
前にもありましたから、電柵の電源ラインが地面に落ちているのは珍しいことではありません.。
(これは100V駆動の市販電柵電源ですが漏電遮断器も設置されているので危険ではありません)


 この電源ラインですが、2本あって本来は危険分散の為別々に離れた位置で電柵と接続しないといけないのだと思いますが、切れた電線は束ねて1本として電柵に巻き付けてその上をビニールテープを巻いただけの状態でした。
その時は電線を離して2箇所別々に圧着端子で電柵と確り固定して処置しておきました。
最初に設置した時は、業者がちゃんと接続したと思いますが、その後の管理は部落の人が持ち回り当番で管理しています。
電気の知識が無い人がほとんどだと思いますので、設置後の管理はおざなりと言わざるを得ません。


 県の電柵の点検指示ですが、今のところ補助金で設置された大規模電柵が対象です。
しかしそのうち個人で設置した電柵も対象になるのではないでしょうか。
我が家の畑の電柵電源は対象となっても自作品でも市販品でもまず問題は無いと思っています。(国の関連法規や電柵協議会指針に対しては大丈夫ですが、長野県の『獣害防止用電気柵導入基準(平成19 年3月)』は・・・無理筋?)

 
 さて購入した市販電柵電源ですが、設置からここで2カ月が経過しました。
この間近隣の畑では猿被害が出ていますが、我が家の畑の被害は皆無でした。
確実に電柵の効果が出ていると思います。 



 お蔭で今年もジャガイモの収穫まで辿り着きました。
そこでジャガイモの試し掘りをしてみました。


a-ジャガイモ収穫 (1)
<今年のジャガイモ:個別の防護網なし、奥がモロコシ、手前は遅蒔きのモロコシです>


 今年植えたジャガイモは3種類。
”男爵”、”キタアカリ”、そして今年初めて植えてみた”太白”です。
それぞれ数株づつ掘ってみましたが、どれも出来はこれまでの最高の品質になりました。
中でも”太白”は美味しかったです。


 昨年の”電柵”使用開始から2年間猿の被害はありません。
しかし昨年は電柵と共に従来の”個別の猿防御網”も保険として使っていたため、栽培途中の”追肥”や”土寄せ”が出来ませんでした。
今年は電柵一本で網がないので”追肥”と”土寄せ”を行いました。
この差がジャガイモの品質向上に直結したのだと思います。


 猿は相変わらず出没しているそうです。(より大きな群れになっている)
以下お隣の畑の持ち主から聞いた話です。

 昨日猿の群れが現れて、お隣の畑のナスやきゅうり、豆などで被害があったそうです。
少し離れた畑でも、少なからず被害があったそうです。
しかしそんな中でも我が家の畑に入った猿はいなかったそうです。(確り確認していただいたそうです)
・・・「凄いね!、凄いね!」としきりに感激されていました。

 別個に設置した”スグリ専用電気柵”でも取り残したスグリの熟れた実がそのまま残っていたので、こちらでも猿が中に入ることが無かったようです。
これで猿への防御効果が1回は確実に検証出来たことになります。


 ジャガイモの本格収穫は後日となりますが、お蔭で今年も無事ジャガイモの収穫が出来そうです。
又2週間後には今年初めて電柵内で栽培した”モロコシ”の収穫時期を迎えそうなので、猿の大好物であるモロコシが無事収穫できれば確実に電柵の効果の検証が出来たと判断できます。(・・・猿被害の為近隣でモロコシを栽培している人は居ません)

 期待と不安半々でその収穫出来る日を心待にしています。


2015,07.29
関連記事

Comment

非公開コメント