つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

高所バリカン

 必要に迫られて『高所バリカン』を作りました。

 奥さんの実家に生垣があります。
防風林として植えられたので、一位、檜、サワラなどの木で高さは6m、根回りの直径は太い物で50cm位あるものもあります。


高所バリカン (2) <生垣>


 この生垣の扱いには義父も前々から苦慮していた様で、植木屋さんが入る度に高さを半分程に切り詰めて欲しいと依頼していた様でした。
しかし石垣の下からは高さ10m近くになるので、植木屋さんも持て余して、少し上部をカットするだけでお茶を濁していた様です。
今は誰も住んでいない家なので、植木屋に頼むのも面倒なので、自分でカットすることにしました。


高所バリカン (1)
<電動バリカンを手を伸ばして剪定>


 まず全体像の把握の為、延び過ぎた枝を剪定しました。
電動バリカンを背伸びして使いってみましたが、高さ2.5m位がやっとです。
石垣の下は坂道で梯子も危険で掛けられないので柄の長い刈り込み道具が必要となりました。
そこで普段使っている”バリカン”を”高所バリカン”に改造してみました。


高所バリカン (3) a-高所バリカン (4)
<自作高所バリカン: 手を伸ばすと5.5mの高さまで刈れる長さです>


 長さ3.5mの”ステンレス物干し竿”を買ってきました。

 失敗です
長さには問題はないのですが、上に取り付けたバリカンが重すぎてゆらゆらして制御不能です。
物干し竿の下を地面に付けて、ここを支点に円弧を描くように動かして枝をカットすうr構想でしたが、上部が重いため角度にして30°位を動かすのがやっとです。
それにバリカンがグラグラするため刈り込み面が凸凹になって綺麗に平らに刈れません。


 30℃を超す猛暑の中、30分程汗だくで頑張ってみましたが止めました。(腕と頭が疲れる~ウ!)
抜本的な構造改善が必要です。

2015.07.31
関連記事

Comment

No title

夏から秋に、ヒノキ類を刈り込み過ぎて枯らしたことがあります。
義父も秋に刈り込んで二本枯らしました。広葉樹は夏の土用以降に枝を切ると弱ったり、枝が枯れたりしますが、針葉樹は一気に全部枯れます。
イチイも枯らしました。ウラジロモミは冬でしたが枯れました。広葉樹に比べ針葉樹は胴吹きをしにくいようです。
新梢、新芽を多めに残せば枯れないと思いますが、刈り込みに夢中となり気がついたら刈り込み過ぎていました。
非公開コメント