つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

スモークウッド用チップ製造機

 少し前になりますが、”スモークウッド用チップ製造機械”の更なる検討をしたい旨投稿しました。

その検討をしていましたが本日、実にあっけなく完成しました。



 これまで自作スモークウッド用チップ製造は”電動チェンソー”を使っていましたが、その製造環境(3K)のあまりの酷さの為”チップ製造機”を自作する計画でした。
この自作では改造のベースとなる機械がキーポイントだと考えてまず使用機械の候補検討をしていました。
使用する刃具はチップソーが最適と考えて、これが使える機械として”丸ノコ”や”ディスクグラインダー”を考えました。
しかしこれらで使う木工用チップソーは結構高価でした。

 スモークウッドを作るチップソーに精度は不要なので安い草刈機用が最適との結論に至りました。
超硬チップの固定強度が高く、少々乱暴に扱ってもチップの脱落の心配がありません。(多少の石でもチップが飛ばない実績があります)
仮にラフな使い方で変形して捨てることになったとしても安いので惜しくないというのが最大の選定理由です。


 草刈機用チップソーの市販品は2種類で、外径Φ255mm又はΦ230mm(内径Φ25.4mmは共通)です。
これだけ大きな外径・内径のチップソーを使える機械としてはテーブルソーしかありません。
私が現在保有しているテーブルソーでは問題なく使うことができますが、この作業には使う気になりません。
チップ作りの様なラフな加工をすると機械精度が心配になり、本来の目的の家具作りの支障になっては元も子もありません。

一方ベースマシンを新規購入するとなると中国製の安物でも2~3万円はします。



 その時”閃きました”。
”マイタソー(卓上丸のこ盤)”です。



 この機械は昔作業場を自作した時柱等の構造物を加工するために購入しましたが、加工精度が悪いので家具作りには使用できずその後はほとんど使っていません。
当時一時的に使用出来れば良いと考えて、超々安物をあえて購入しました?
捜したところガレージの隅にありました。
                


マイタソー (1)
<マイタソー: 国内メーカー品ですがUSA仕様です。これに合うノコ歯を捜すのは一苦労です>


 この機械で試しに桜の枝をカットしてみました。

 使用した結果この機械はチップ作りには最適であることが分かりました。
それどころか暫く使っている内に”チップ加工用”を目的に作られた機械ではないかとさえ思えてきました ?
異形な木の枝でも手持ちで扱えて、安全で作業性が非常に良好です。
それに”自動可動式ブレードカバー”も付いていて、安全性でも問題ありません。
チェンソーの様に(チェーン)オイルも不要です。
そして”電磁ブレーキ付き”で、大径のチップソーでもブレーキの効きが良く出来ています。
更に上手い事に切粉の回収袋(ダストバッグ)が付いているので、そのままでもほとんどのチップがこの袋で回収できます。


マイタソー (2)
<加工した桜チップ: 市販のスモークウッドの様なチップサイズです・・・バンザイですね>


 ただ草刈り機用チップソーの厚みは薄いので1枚では加工時間としてかなりの時間が必要です。(・・・チェンソーよりはるかに短時間ですが)
又同時に無駄な輪切りの薄板が沢山出来てしまって、材料の収量が良くありません。
そこでチップソーを3枚重ねて取り付けました。(この使い方は危険ですから、良い子は真似しないでね・・・?)

これで加工時間及び材料の無駄が無くなりました。
ただ周囲に結構な切粉が飛び散るので、回収方法に一工夫必要です。

 これで”今年中か来年か”と大仰に考えていた『スモークウッド用チップ製造機』が簡単に出来てしまいました。
それも機械の改造無しで・・・?


マイタソー(5)
<チップソー(¥498)と穴径変換ブッシュ(Φ25.4mm→Φ15.9mm、¥100)、最終的にブッシュは5枚必要でした>

マイタソー(8)



(注: 今回”草刈機用チップソー”を使いましたが必須ではありません。 安全なマイタソー用を2枚欲しかったのですが入手できなかったのでその代用です。)


2015.09.03
関連記事

Comment

非公開コメント