つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

スグリ収穫

 スグリの収穫を行いました。

 苗木を貰ってから何年になるのか良くわからない”スグリ”でしたが、鋭い棘の為自宅の庭では邪魔者扱いで転々と植え替えられていて実も生りませんでした。
それが3年前から畑の隅に定住していました。
お蔭で昨年からようやく実を付け出したのですが、収穫直前に猿にほとんど食べられてしまいました。
そこで今年は猿対策でスグリ用専用電柵を設けて保護してありました。
この甲斐があって今回無事収穫まで漕ぎ着けました。


スグリ (1)
 <電柵に守られたスグリ>


スグリ (2)
<今年の収穫: 昨年の定位置から今年春先に又々植え替えを行ったので、今年の生りはこの程度でした>




スグリ(3)
<スグリジャム: 非常に酸っぱいのですが、熟した実なので非常に魅力的な味でした>



 今年は春の電柵拡張に伴って又々邪魔になり植え替えを行ったので、実の付き方はイマイチで、ようやく朝食1回分のスグリジャムが出来ただけでした。
スグリにとっては多分此処が安住の地になると思われるので、来年は木も確り生育して沢山の実を付けてくれるものと、期待したいと思います。


 又今回簡易電柵でしたが、猿の食害も無く電柵効果の検証も出来ました。
これに気を良くして、”移動式簡易電柵”の構想が生まれたので今後具体的な形にしていきたいと思っています。


2015.07,13
関連記事

Comment

非公開コメント