つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵絶縁不良

 市販品の電柵電源を設置してから既に1カ月以上経過しました。
この間猿の被害は全くありません。
この市販電柵電源でも自作電源と同じく猿対策で使う事が出来ます。(それは当然か)


 さて先日農作業開始の前に何時もの通り電柵の出力チェックをしたところ放電ギャップが非常に短くなっていました。(0.5mm程度・・・通常は数mm)

 私は電柵電源の動作が正常かどうかは”放電ギャップ”で見ています。
”放電ギャップ”を見る測定器(?)は片側にワニ口クリップを付けた電線が1本。
これでワニ口クリップをマイナス側に噛ませ、反対側をプラス極とショートさせるだけです。
慣れてくると1mm単位で放電ギャップが分かるので、こちらの方が正確な判断が出来て便利です。(とにかく安いが一番・・・ワニ口クリップは百均で12個¥100)

 ”電柵チェッカー”も色々作りましたが、日中の畑は明る過ぎて暗くしか光らない物は役に立ちません。
ワニ口クリップ付の電線を複数作って電柵の方々に掛けておけばいちいち測定器を持ってこなくても直ぐに測定が可能です。


 さて”早くも故障か?”と慌てましたが、電柵全周をチェックすると放電が起きている部分がありました。 (漏電です)

 電柵の異常箇所(漏電)は簡単に発見できます。
放電箇所で”放電音”が発生しているので音が聞こえます。
放電状態にもよりますが、大概は非常に微かな音です。
しかし電柵の周りを注意深く一周すれば明確に漏電個所を発見出来ます。


a-漏電個所
<漏電個所: 残念ながら真の漏電個所は特定できませんでした>


 今回の異常個所は”桜の枝”でした。
苦肉の策で電柵の囲いの中に残した”八重桜”でしたが、柵の直ぐ横に枝があるので猿が枝を掴んで飛び込まないように電極(+)を枝に巻き付けてあります。

 ”PETボトル”を縦に切って隙間なく2重に巻き付けてその上にSUS針金を電極にして巻き付けてあります。
PETボトルは絶縁性が高いので、碍子として木の枝(マイナス極)との絶縁を行っているのですが、ここから放電音が聞こえてきました。
そこでこの部分にさらにPETボトルを重ねて3重にしてみました。
これで放電音は相当小さくなりましたがまだ微かに聞こえています。(雨の影響もあるのでしょうか?)

 まだ根本的な対策にはなっていませんが、電柵電源の直下で放電ギャップをみると、数mmと正常レベルになりましたので、暫くこれで様子を見るつもりです。

 最終的には漏電の問題が無い物を新たに考案しないといけません。


関連記事

Comment

非公開コメント