つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

サクランボ狩り

 初めてサクランボ狩りに行ってきました。

”いちご狩り”、”ブドウ狩り”、”リンゴ狩り”等色々な果物狩りがありますが、サクランボ狩りはそんな中でかなり満足度が高いものであると実感して帰ってきました。
それはやはりサクランボの価格が高い事が一番の背景にあると思います。

 前々から一度行ってみたいと思っていたサクランボ狩りですが、サクランボ狩りは普通予約が必要との事でこれまで中々機会が作れず行けず仕舞いでした。
ところが先日ラジオを聞いていたら、中野市で”サクランボ祭”の2日間だけ料金が¥1200(通常¥2000)で予約不要という事もあって朝起きると余りに天気が良かったので急遽行ってきました。

 ただ心配な点がありました。
サクランボ狩りは北信でも南信でも通常¥2000/人以上です。
それが¥1200ですからこれは非常にお得です。(実際は往復¥5000近い高速代を掛けていくので元は取れないのですが)
それに中野市は長野市の直ぐ近くなので、ラジオでのPR放送もあったことから人口38万人の長野市から人が大挙して押し寄せていたらどうなるかという心配です。

先日の諏訪市の”プレミアム商品券販売”の行列が少し脳裏を過りました。


 10:00少し前に中野市の産直である”オランチェ”に着くと、サクランボ狩りの受付テントが外に出来ていて、窓口が4つありましたが列は全くありません。
サクランボ狩りの人は次々と来るのですが、受付を済ませると(代金を支払うと)直ぐに車でサクランボ農家に移動するシステムとなっていました。
農家までのルートは個別の地図が用意されていてそれを貰って自分で移動するのですが、土地勘がないことを伝えると別の係の人が丁寧にルートを教えてくれました。(我々は車で7~8分位の移動距離でした)



a-サクランボ狩り1
<サクランボ狩り: ハウス内にほとんど人は居ないので本当にゆっくり出来ました>


a-サクランボ狩り2
a-サクランボ狩り3
<5種類のサクランボ: ”佐藤錦”、”香夏錦(こうかにしき)”、”紅佐藤”、”高砂”、もう1種類は忘れました>



 30分間食べ放題で、最初少し短いと思っていましたが十二分な時間でした。
 ”いちご狩り”と違って、ハウス内の客は少なく(10人程)、赤い実は十分にあるので慌てて食べる必要もなく、一番良いのは30分と云いながらも”時間は目安ですからごゆっくりどうぞ!”という待遇でした。
それでも20分程で5種類をタラフク食べて、残りは農家の人と少し話をしてきました。

 その後、前に一度だけ行ったことのあった中野市内に1軒だけある”富倉蕎麦(オヤマボクチの蕎麦)”を出す蕎麦屋で昼を頂いて来ました。
サクランボを食べた直後でしたが、久し振りの本場の富倉蕎麦を美味しく頂くことが出来ました。
これだったら、もう少しサクランボを食べる事が出来たのではと少し残念に思った次第です。


 今回のサクランボ狩りでは受付会場の方も、農家の方も親切丁寧気さくで、本当の”おもてなしの心”に触れた気がしました。
制限時間のある果物狩りでは、変に時間やもぎ取り方にシビアな処もあったりして嫌な思いをする時もあるのですが、今回はサクランボの美味しさと共に、久し振りに気持ち良い1日を過ごす事が出来ました。


追)帰りに観光バスの沢山止まっていた果物直売所でトイレ休憩しましたが、サクランボが1パック¥2000で売られていました。
  私たちは少なくとも一人3パック以上は食べたと思われるので、ここだけ見る限り高速代金を入れても十分元が取れた気がします・・・?


2015.06.21
関連記事

Comment

非公開コメント