つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

八ヶ岳開山祭(北横岳登山)

 毎年6月の第1日曜日は八ヶ岳の開山祭です。
今年はそれが本日6月7日。
今年も”北横岳”に登って来ました。

 昨年は雪解けが遅く、北横岳山頂まだ行くのが大変との事で山頂での開山祭が中止となり、ロープウエー山頂駅前での開山祭でした。(大混乱の)

 今年は天気の方は全く心配ない状況だったので、亀甲池から北横岳直登コースを登って来ました。
このコースには例年この時期亀甲池の登り始めから山頂までアイスバーン状の雪が残っていて、アイゼンを履いての登りが楽しみなのですが、今年は雪解けが進んで登山道上にはほとんど雪が無く、全くの”夏道”登山となっていました。


開山祭2015 (1)
<アプローチに咲いていた花: 今年は珍しく花が咲いていました、名称?>


 今年のこのコースは4名、内コース初挑戦が2人。
前日アイゼンの履き方を再確認して、期待して臨んで来たそうです。
雪が詰まっていれば登山道の凸凹が無くなって登り易いのですが、雪のない岩だらけの夏道は結構ハードな登りでしたが頑張りました。


開山祭2015 (2)
<亀甲池: 雪解け水でほぼ満水>



開山祭2015 (3)
<北横岳山頂開山祭会場: 人垣で式典は全く何も見えません >



 今年の開山祭は山頂で行われて開山祭としては例年になく多くの参加者が集まったようです。
参加者への”記念バッジ”の配布は引換券(式次第の印刷物)との交換で行われて、昨年の様な混乱もなく終了。
昨年の失敗の教訓が生かされたという事で良かったのではないでしょうか。(このブログの効果は・・・??)
しかし式典の長さは相変わらずで45分間。(何も見えず、聞こえずで)
何とかならない物でしょうか・・・?


 さて山頂は人であふれていましたが、同じコースを登った人は我々以外には、2組4人だけだったようです。
天気にも恵まれ山頂の喧騒とは別世界の静かな山歩きが出来ました。


2015.06.07
関連記事

Comment

非公開コメント