つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

小野宿市

 日曜日であまりに天気が良いので、前から気になっていた『小野宿市』に行ってきました。

 ”小野宿”は旧宿場町で、今は”辰野町小野”と”塩尻市小野”の二つの部落に分かれていますが、元々は一つの部落だったそうですが戦国時代に領土争いの末分断され、それ以来今でも行政区は分かれたままです。
しかし元々一つの部落だったので現在でも”両小野小学校”とか”両小野病院”とか両方の市町でひとつの施設を供用していたりしていて良く分からない部落でもあります。

 中仙道から木曽方面(中仙道木曽路)及び伊那方面(三州街道)の分岐としての要衝で、当時はかなり栄えていたようです。
ですから現在でもその当時の建物が沿線に数多く残っていて、車で通るたびに気になっていました。
これらの建物の内部がこの”小野宿市”で公開されるというので前から一度見てみたいと思っていました。

小野宿市 (2)
<小野宿問屋>

小野宿市 (3) 小野宿市 (1)
<内部>


 この宿場には”小野酒造”という”造り酒屋”が1軒あって、”夜明け前”という美味しい銘柄の酒を造っていて人気があります。
今回の祭でもこの酒屋が公開され、¥500でほぼ飲み放題でした。
運転手の代わりが居ましたので(奥さんです)、昼間から美味しく頂いて来ました。
又内部では”酒用の麹”の販売が有りましたので早速購入してきました。(「酒用の麹で甘酒を作ると美味しいヨ!」と言って売っていました)
これで”ドブロク”を作ってみたいと思います。

小野宿市 (5)
<酒蔵見学ツアー>

小野宿市 (4)
<お目当ての”試飲会場”>



 その外”クラフト市”や”手造り食品”など色々面白い物がありました。
JAZZの演奏もあったりして、初期の”松本クラフト市”の様な手作りの雰囲気が感じられて中々面白い処でした。
但し”飲み放題”の酒をしこたま頂いた後だったのが返す返すも残念でした。
次回行くとしたら逆の見学順序に変更した方が良いと思います。

小野宿市 (7) 


小野宿市 (6)

<クラフトフェアー会場>

2015.05.31
関連記事

Comment

No title

両小野は谷間の小さい村ですが古い商家があり起業が盛んだったので不思議に思っていました。
中山道の歴史を見ると、当初、岡谷→小野峠→小野宿→牛首峠→桜沢→日出塩 となっていて、小野は駅で栄えていたとあります。その後、塩尻峠が開道し、岡谷→塩尻峠→塩尻→洗馬→日出塩 となります。このとき、小野宿の駅の利権は保持され、塩尻宿を通る荷は小野が扱うことになりました。
それで、中山道と三州街道、松本街道の十字路の駅で栄えたと聞かされました。

松本藩と高遠藩の争いで南小野と北小野に二分され、明治以降は下伊那郡小野村と東筑摩郡筑摩地村となりました。昭和の町村合併のとき辰野町と塩尻市と分かれて合併することで両小野中学校から諏訪学区と松本学区の両方に進学できるようにしたと村の三役だった方から聞きました。

南小野と北小野は仲がよく行政区分を越えて生活面で一体化して運営されており、総身に知恵の回る地方行政として、これからのスマート自治体の先例になります。

No title

米搗さん こんばんは

 何時もながら博学なのには感服です。
コメント頂いた内容でこの地区の成り立ちが良く理解できました。

 今回このイベントに地区の皆さん(子供から老人まで)総出で盛り上げていたのが良くわかりました。
派手さは全くありませんが、それだけに非常に魅力的なイベントだと思いました。
商売っ気が無いのが良いですね。


No title

子供のころ、こんな話をしていく方々がいて、横で聞いていたので思い出しました。

「甘柿を植えるもんじゃない」と言い伝えられていて、寒いので甘柿が渋いまま甘くならないと聞きました。
質実剛健というか、見栄や華美に流されないように見えます。
非公開コメント