つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

陣馬形山登山

 今日は所属する山岳会の今年度最初の山行でした。
年間計画では2回目の山行ですが、1回目が雨天中止となった為、今回が実質1回目の山行となりました。

 南信(中川村)にある『陣馬形山(1445m)』に登ってきました。
この山は私は初めての山行ですが山頂まで舗装道路が出来ていて車でも登ることが出来る山という事前情報で全く期待はしていませんでした。
ガイドブックでも登山というよりハイキングといった位置づけの山でした。
ところが登り終えてから思い返すと、また是非登ってみたい山となりました。


 車なら麓から15分で簡単に登れる山です。(バスでも問題なく入れる様な広い舗装道路です)
ここを今回我々のパーティは3時間掛けて登りました。(コースタイムでは多分2時間?)
登山道は車道とほぼ並行していて、所々で車道を登らなければいけないうんざりしたルートでした。


陣馬形山 (1)
<”類人猿”の被害対策>

陣馬形山 (2)
<”野生動物”の被害対策>


陣馬形山 (3)
<登山道の途中にある”ブナの古木”>


 しかし登山道は登り易く良く整備されていて、その点では”ハイキングコース”と十分言えるものでした。

 この山の最大の魅力は山頂の展望にあります。
車で登ってもこの景色は見る事が出来るのですが、麓から標高1000mを登り切った時に見たこの景色は感動ものです。


陣馬形山 (5)
<中央アルプス>


陣馬形山 (6)
<南アルプス>


この山の山頂直下にはキャンプ場がありました。
我が家は昔多くのキャンプ場でキャンプをしたことがありますが、このテントサイトの環境はその中でもNO.1だと思います。
今日は1張りのテントが有り、持ち込んだ木製の長椅子で景色を見ていた人がいました。

陣馬形山 (4)
<キャンプサイト: 一人で何を想う>


 ただこんな素晴らしい環境の中で一人だけでじっと座っているのを見ると、本人は「大展望を独り占め!」と思っているかもしれませんが、傍から見ると何とももの寂しいいものがありました。


2015.05.29
関連記事

Comment

非公開コメント