つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

市販電柵電源購入

 とうとう市販品の”電柵電源”を購入してしまいました。

 自作の電柵電源を使い始めてここで丁度1年になります。
現在使っているのは”ガスコンロのイグナイター(着火装置)”を使った試作品ですが、冬場も含めて1年間連続で使用していますが、とりあえず今も使える状態です。
これまで時々故障もありましたが、原因は接続不良(コネクタの接触不良)がほとんどで一番心配していた”イグナイターの不具合”はこれまで一度もありませんでした。

 何時も畑に行った時には最初に確認するのが『電柵が生きているかどうか?』です。

 1カ月程前に行った時、朝確認した時には出力がありませんでした。
一旦スイッチを切って農作業を行い、昼頃にもう一度確認すると今度は出力がありました。
この間スイッチのON-OFFをしただけですが、このスイッチも家電品からの剥ぎ取り品なので心配なところがあります。
全て自作回路なので、制御回路も含め心配な箇所は山ほどあります。(汗)


 そこで暫く前から、今後の電柵電源をどうするか検討していました。
基本政策はブレる事無く”自作”です。
しかし自作電柵電源をより信頼性の高いものにする事を検討していて、費用の概算をしていたら結構の金額になってしまいました。
そこで今後も自作品は継続使用する前提ですが、市販品も並行して検討していました。
その結果『1万円以下の市販品』、が購入する場合の条件となりました。
自作の費用程度で、”もしもの時”に備えて安心して使えるものを1台持っていたいと云うが理由です。・・・自作品に自信が無い(涙!!)


 今回購入したものは、その比較検討の中で価格、仕様で最後に残った製品です。


購入電柵電源
<購入した格安電柵電源: 残念ながら送料込みで1万円は超えました・・・但しキットを使うより安いです>



 このメーカーは電柵電源は本業では無いようで、現在会社のHPを検索してもこれに関する記述は全くありません。
ですからこのメーカーに問い合わせた時、「猿用電柵の経験は全くないので保証出来ない。」との回答でした。
その為保証は不要との条件で購入しました。(そういっても世の中に”猿用”の効果を保証した電柵電源なんて皆無なのですが・・・このメーカー真面目なんです)
このメーカーが対象としているのは”タヌキ(ムジナ)”だけだそうです。(ひょっとしてこちらは保証している・・・?)


 この購入した電柵電源を自作電源と置き換えて暫く試験を行います。
3カ月後位には結果を報告できるのではないかと思います。
結果が出たところで改めて詳細を紹介したいと思います。(良い結果が出ればですが・・・?)

2015.06.25
関連記事

Comment

No title

製造元は面白そうな会社ですね。
なんか魂がこもった製品のようですが、楽しみに結果を待ちます。
おサルさんゴメンネ。

No title

 この会社の電柵電源は地元の農家の依頼で開発したようです。(新聞記事ネタです)
電源単品販売でなく、電柵そのものの設置まで行うというのがビジネスモデルのようです。
又直販のみの様で製造数もそれほど多くないと見えて手作り感一杯の製品ですが、作りは確りしていて好感が持てます。

 結果が出たところで詳細報告したいと思っていますが、自作でも良いから格安電柵を設置したいと思っている人にとっては完成品ながらキットで作るより安く手に入れられるので非常に有難い存在になりそうな気がしています。

 これまでの処問題なく作動していますが、最終結果は2カ月後位になると思いますので暫くお待ちください。


非公開コメント