つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵に蜂の巣

 電柵で囲った畑の中で作業をしていて、この電柵の構造的欠陥を見つけてしまいました。

 先日電柵内で”ジャガイモの追肥作業”を”こまめ(小型耕運機)”を使って行っていて偶然”蜂の巣”を見つけました。
”こまめ”を電柵の支柱の前で回転させていた時、偶然この支柱の”ベットボトル碍子”の中に蜂の巣があるのに気が付きました。



 巣はまだ小さく、中は蜂が1匹だけで巣を守っていました。
この碍子に10cm位の距離まで近づいたと思いますが、幸いな事に刺されることはありませんでした。(優しい性格の蜂だったようです)

 直ぐに全ての電柵を点検したところ、外に2箇所に蜂の巣がありました。(1箇所はまだ柄が出来ただけの段階)


電柵蜂の巣 (1) 

電柵蜂の巣 (2)

<ペットボトル碍子の中の蜂の巣>


 この自作電柵碍子にはペットボトルを半分に切って、横向きに使っていますので内部は雨も当たらなくて非常に居心地が良いのではないかと思います。
早速殺虫スプレーを使って退治しましたが、これからは定期的に点検が必要です。

 
 さてこの半分に切ったペットボトル碍子はボトル1本で2個の碍子が出来るので、収集量が半分で済むので非常に良いアイデアだと自負していた物ですが、思わぬところに落とし穴がありました。
それでも早く気が付いたので何の被害も無かったのが幸いでした。


 これからは”高電圧注意”の表示プレートに加えて、『蜂に注意!』のプレートも追加しないといけなくなりました・・・?


a-アシナガバチ4
<という事で、”蜂の巣”の注意喚起表示プレート>


2015.06.15
関連記事

Comment

非公開コメント