つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

スモークチップ製造環境改善

 自作スモークウッド作りの技術確立が出来たので、今後は全て自作品を使いたいと目論んでいます。


 しかしこれまでの原料チップ製造環境はかなり劣悪でした。
チップ作りは”電動チェンソー”を使って行っていますが、これはまさしく”3K作業”。
すなわち、”汚い”、きつい”、”危険”に加えて”五月蝿い”、”暑い”までが付加されます。

 この作業で1回分約500g(スモークウッド2本分)のチップを作ると、全身埃まみれで眼にも切粉が飛び込むので暫く眼が開けられないこともしばしばです。(2・3日眼がゴリゴリすることもあります)
また作業場はガレージを閉め切って、床にブルーシートを敷いて行っていますが、飛び散ったチップでガレージ中がチップまみれとなり、後の掃除が又大変です。

 そこで今回この作業環境を改善すべく工夫を行いました。
昔”大型ホバークラフト”を作った時、スカートの加工をした残りのシート端材があったので、これを組み合わせて”チップ粉砕囲い”をつくりました。


チップ粉砕フェンス(3) チップ粉砕フェンス (1)
<チップ粉砕囲い: ”ホワイトシート”で3方を囲った遮蔽壁です>


 囲いは底付きの”コの字型”で、紐で天井から吊り下げます。
この中で万力で固定した木の枝をチェンソーで切り刻むと、切粉が飛び散らずこの中に溜まるという仕掛けです。



チップ粉砕フェンス (2)
<粉砕現場 : 狙い通り粉砕チップは囲いの中に全て納まりました(これは桜です)>


 今回はディスクグラインダー作業で使っている”ポリカ安全ガラス付きヘルメット”を使ったので、目に切粉が飛び込むことが無く快適に作業が出来ました。
粉砕したチップを集めるのも簡単なので、お蔭で3種類の樹種(桜、楢、檜)のチップを30分程で加工することが出来ました。


 今回の”囲い”によって前より大幅に環境改善出来ましたが、チェンソーでの粉砕は体力勝負ですし、危険性は相変わらずです。
もっと楽に且安全にチップを製造する方法を更に検討したいと思います。


2015.07.07
関連記事

Comment

No title

先日、ガーデン・シュレッダで梅の枝をチップにしました。3mm厚くらいに斜めにスライスされて砕けるので燻製に使えそうだと気がつきましたが、梅雨の雨で発酵し始めています。

参考までに。
竹チップ、竹パウダーが流行り始めたときは、丸ノコや刈払機の刃を重ねた自作機が紹介されていました。竹を斜めにして回転刃でパウダーにします。今は市販の竹シュレッダが主流になっていますが、パウダ、チップと呼べないような粗さです。また、電動かんなでチップを作った方もいました。

竹パウダー製造機(たけぱうだーせいぞうき)
http://lib.ruralnet.or.jp/genno/yougo/gy162.html

竹チップの製作
http://www012.upp.so-net.ne.jp/offtime/diary/2009APR3/2009Apr3.htm

No title

 色々自作機械を作っている人がいますね。(楽しんでいますね!)

 実は私も検討をしています。(まだ構想段階です)
テーブルソーで幅20mmのDudo Cutterを使えば簡単にチップを作ることが出来るのですが、カッターの価格が高いので使う決断が出来ません。

 丸太加工になるので、直ぐにガタが来るだろうと考えていて出来るだけ安上りの装置を作りたいと思っています。
丸ノコか、ディスクグラインダーをベースに、定置型の専用テーブルソーにする予定です。

 今年中に出来るか又来年になるか、完成までには少し時間が掛かると思いますが、完成したらUPしたいと思います。



非公開コメント