つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

エーデルワイス開花

 今年もエーデルワイスが開花しました。

 スイス旅行土産のエーデルワイスを種から育てて今年で丸2年となりました。
栽培は未だに手探り状態です。

 昨年秋冬前ですが、栽培方法が良くわからない中、ようやく育った貴重な株を維持する見地から危険分散を行いました。

 これまで植木鉢で室内で育ててきた株を2分して、半数を戸外の路地に植え、残りの半数を植木鉢のまま室内で育ててきました。
路地に植えた方は1月に雪の下でも花が咲き、現在全ての株が元気に増殖して再度開花を迎えました。
室内の株は3月末までは元気でいましたが、4月に入って枯れ始めたので慌てて路地に植え替えましたが、現在”虫の息”状態です。



エーデルワイス開花 (1)


エーデルワイス開花 (2)
<エーデルワイス開花 >


 以上の結果から、エーデルワイスは強い寒さに当てないと上手く育たないことが分かりました。
冬場の-15℃程度の寒さでも全く問題ありませんでした。
WEBを見ると、関東では路地で栽培していたものが枯れたという書き込みもありますから、逆にこのくらいの寒さに当てないといけないのかもしれません?(我が家は室内でも5℃以下になりますが、この程度ではまったく不十分な様です)


 我が家ではこの残っている株を更に増殖して、エーデルワイスの大群落を作りたいと目論んでいます。
 
 
2015.06.19
関連記事

Comment

非公開コメント