つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

オヤマボクチ発芽

 先日はサクランボ狩りに行った折り、富倉蕎麦(オヤマボクチ繋ぎの蕎麦)を食べてきました。
この富倉蕎麦は最初の遭遇以来、私の蕎麦打ちの最終到達点になりました。
そこでオヤマボクチの栽培にも挑戦しているのですが、中々栽培が難しく、長年失敗続きでしたがそれでもようやく昨年種の採取まで漕ぎ着けました。

 前に種蒔をしてあった”オヤマボクチ”が発芽しました。
4月末にたプランターに種蒔をし、発芽まで約3週間掛かりました。


a-オヤマボクチ発芽
<発芽直後のオヤマボクチの双葉>


 種を採取した時には真っ白で未熟な種ではないかと心配していたのですが、立派に発芽しました。
今のところ40%位の発芽率です。


 昔オヤマボクチの種を購入したことがありましたが、その時は全く発芽しなかったので発芽率が極めて低い植物なのかと思っていましたが、今回の結果からは結構高い発芽率の様に思います。
 

 その昔購入した種は”発芽保証なし”の条件でした。(これでも売り物です・・・でした?)
¥1,000/6粒。 
今考えると種の色等の様子から採種してから相当の年月が経っていた様にも思われます。
”ノークレームでお願いします”は良心的な提供者で無い証だったかもしれません?
その時はどうしても欲しかったので、高いとは思つつ購入してしまいましたが、いい勉強になりました。

 もしかしてこの種子は確り低温貯蔵しないと発芽しない性質の物なのかもしれません?
この点は提供者も良くわかっていなかった可能性はあります。
そうだとすれば中々難しい種だと云えます。


a-オヤマボクチ移植前
<畑に移植する前の苗の状態>


 発芽以来慎重に育ててきた苗を先日畑に移植しました。
少し前には晴天続きで移植に躊躇していましたが、ここで梅雨に入って雨降りの日が多くなったので移植することにしました。
順調に育てば2~3年後には待望の葉の収穫ができるはずです。


2015.06.23
関連記事

Comment

非公開コメント