つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

大慌ての農作業

 今年の春は暖かくなるのが本当に早いですね。
お蔭で農作業が一気に来て全く追いつかない状態です。

 先日のトラクターのローターブレード交換も例年より早く成長した雑草除去の目的でしたが、ブレード調達に時間が掛かった関係で以降の作業日程が玉突き的にしわ寄せを受ける格好になってしまいました。

 八重桜の開花は去年より10日位早く咲きました。
それも塩漬けに最適な7~8分咲きは一瞬(1日)で通り過ぎたようで、気が付いた時には既に満開状態でした。
その開き切った花を塩漬けにしました。


 又ウドが籾殻の中から頭を出していました。
籾殻を使った白化栽培大成功でした。


白化ウド (1) 白化ウド (2)
<頭が出てきたウド>


 ウドの白化栽培は急に思いついたので、準備が悪く囲いに使ったのが使い古しのトタン板だった事もあって、設置に時間が掛かりました。
また隙間が大きくて籾殻が漏れたり、囲いのサイズも大き過ぎたと思います。
それでも40cm位もある太い白化ウドが収穫できました。
今回の成功で来年に備えてもっと簡単、確実に設置、収穫出来る方法を検討して置きたいと思います。


こんにゃく植付け (1) <長く伸びたコンニャクの花芽>

 こんにゃく植付け (2) <花芽が出た芋も植え付け>


 これは延び過ぎたコンニャクの花芽です。
先日コンニャクの保存していた芋がどんな状態か確認したところ、内2株で芽が延びていました。
凍結対策で家の中にダンボール箱で保管してあったのですが、逆に暖か過ぎて芽が延び過ぎました。
慌てて植え付けしました。



 ホップの”株作り”も後手後手になってしまいました。
先日芽が動き出しているのに気が付いたので、そろそろ株作りをしないといけないと思っていましたが、1週間後には1m以上の弦が延びていました。
慌てて株作りをしましたが、少し遅すぎた感があります。

ホップ株作り (1)
<ホップの芽>

ホップ株作り (2)
<株作り>


 以上例年だと3週間位の間に徐々に行う農作業ですが、今年は大慌てで全てを1週間で行うことになりました。


2015.05.09
関連記事

Comment

非公開コメント