つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

檜材でスモークウッド(刻印付)

 自作”スモークウッド”の技術確立が出来、簡単に製造できるようになりました。
又先に樹種を替えてのスモークウッドもやってみましたが問題なく作ることが出来ました。


 ここで新たに”檜材”でスモークウッドを作ってみる事にしました。
燻製作りでは一般的に”針葉樹”を使う事は無いと思っていたのですが、先日檜チップで作るスモークチーズが絶品だとの情報がありましたので豊富にある檜丸太を使って早速やってみる事にしたのです。

 檜のスモークウッドを作るに当たり、樹種の”識別用マーキング”も検討しました。
檜は木の色が違うので間違う事は無いのですが、以前作った”サクラ”と”ナラ”の完成品では並べると違いが分かりますが、単独では見分けが付けづらいところがあります。
そこで今後の自作では簡単に識別できる様にマーキングを検討してみました。
やり方は型(パウンドケーキ型)で成型を行う時に、”文字型”を使ってスモークウッドに埋め込んで掘り込みを行うことにしました。
それを今回の檜チップで試作してみました。


檜 (1)
<銅棒をロウ付して作った文字型:  HNK(i0i)です>



檜 (2)
<樹種マーキング付完成品>



 いい加減に作った”文字型”でしたが、綺麗に型抜き出来ました。
同じような文字型を樹種別に作っておけば、スモークウッド成型時に同じ方法で簡単にマークの掘り込みが付けられます。
”彫刻機”で文字を彫ってもらえば、綺麗な刻印が出来ると思いますが、DIYでやるのですからこちらの方が趣があって良いのではないでしょうか。


2015.05.21
関連記事

Comment

非公開コメント