つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

動噴始動

 ネパールの地震は、日毎に死者が増えていて心配です。
エベレストベースキャンプの被害の様子の映像も流れていましたが、ベースキャンプから上のキャンプの情報は何も無いようで、多くの登山隊が取り残されているようです。
丁度今登山家の”野口健”さんがエベレスト街道に入っていたという事で、TVで映像を見ましたが街道沿いのシェルパの皆さんの家のほとんどが被災しているようです。
煉瓦を泥で積み上げた手造の家ですから、地震ではひとたまりもなく崩れてしまうでしょうね。
多くの国から救助隊を派遣している様ですが、飛行機かヘリコプターが無いと移動も出来ないでしょうから大変だと思います。
残念ですが、遠くから見守るしかありません。

-----------------------------------

 さて半日”動噴”と格闘しました。

 先に投稿しましたが、トラクターのメンテでローター爪交換を考えています。
その為にトラクターの現状確認を確り行う事から始め、まず洗浄から着手します。
実はここ5年程トラクターを洗っていませんでした。(・・・・・・汗)
トラクターを使うのは草取り目的なので、土が乾いた時しか使わないので泥の付着はほとんどなく、鎌で掻き落とすだけで十分だと思っていました。

 しかしブラシで手洗いしましたが綺麗にならない所もあり、昔義父が使っていたのを見たことがあった”動噴”を捜し出してきました。
これで”高圧洗浄”することにしました。


 この機械を私はこれまで全く触れた事がありません。 
生きている間に使い方を聞いておくべきだったと思いましたが、後の祭りです。
それに多分ここ10年以上義父も使っていなかったと思われるので、勉強がてら整備から着手しました。(幸い取説はありました)

a-エンジンポンプ1
<動噴: 整備前>

 機械にはガソリンが半分ほど入ったままでした。(多分当時は満タンだったと思われます)
まずこのガソリンを抜きました。
抜いたガソリンは強烈な悪臭と色は濃いオレンジ色で少しドロドロした感じでこれがガソリンとはとても思えない代物でした。 
流石十年物の”ビンテージガソリン”です。
それでもこの抜いたガソリンを使って、油まみれで真っ黒な動噴を磨き上げました。
ハブラシとウエス(どちらも廃品活用)を使って格闘する事1時間、10年来の汚れを洗い落としました。


a-エンジンポンプ2
<整備後: ピカピカで新品の様な動噴です>



 その後新しいガソリンを入れて、機械全体を振ってガソリンタンクの洗浄。
これを更に2度繰り返しました。

 最後に新しいガソリンと入れ替えて始動。
始動用の”リコイル(紐)”を引くと、驚いたことに一発始動!!!

 ポンプの方も問題なく作動し、容器に入れた水を吸い上げ勢いよく高圧で吐き出しました。


ポンプ始動
<ポンプも正常でした>


 こういったメカだけで出来ている機械は良いですね。
古くてもちゃんと動きます。 ・・・楽です!、本当に好きです。

 これでいよいよトラクターの洗浄を行い、ローターブレード交換に取り掛かれます。
この作業は今度の連休中の予定です。

2015.04.27
関連記事

Comment

No title

無事に動いてよかったですね。整備後は新品のようにピカピカですね。
キャブにガソリンが残っているとグリーンス・ライムでジェットが詰まったりフロートが固着しますが。お義父さまが、ガソリンをキャブの抜いて使われていたことと思います。
OHVだから混合でなくエンジン・オイルですよね。ポンプ・プランジャはどうやって潤滑しているのですか。

No title

 ポンプオイルはエンジンオイルとは別に専用のオイルを入れるようになっています。
オイルパン方式の様なので、プランジャーに爪が付いていて跳ね飛ばしているのではないでしょうか??
プラスチック製の覗き窓式のゲージも付いていますが汚れで内部は良くわかりません。
非公開コメント