つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

トラクターのメンテナンス

 トラクターのメンテナンスを検討しています。
”知らないという事は恐ろしい!”と言うのが結論の内容です。


 現在使っているトラクターがどの程度の年月が経過している物なのか良く分かりません。
義父(故人)が使っていたものです。
私が乗るようになって10年くらい経ちますが、その前どの位使っていたかは不明です。(確認する術がありません)
元々中古で購入したと聞いていますので、相当の年代物と思います。
非常にいい加減に使っていますが、これまでは特に故障もなく、至極良好に働いてくれました。


 しかし此処にきて、色々不具合が出てきました。

 ①前輪のタイヤ側面に割れが入っていました。

 何時からか分かりませんが、タイヤ側面に割れ(ヒビ)がありました。
まだチューブまで見えないので、騙し騙し乗ることにしました。
その為トラクターを使わない時は、ジャッキで前輪を持ち上げてタイヤに負荷が掛からないように保管しています。

トラクターメンテ (1)
<前輪ジャッキアップ>

トラクターメンテ (2)
<タイヤの割れ>



 ②ローターの爪が摩耗して鎌の様にやせ細っていました。

トラクターメンテ (4)
<ローターの爪>




 最近耕しても上手く耕やせていないと感じていましたので、その原因を調べていました。
その結果分かったのは、ローターの爪が痩せて(摩耗して)限界を越えていました。
爪が”鎌”の様な形状になっています。
全ての爪を交換しないといけないようです。

 この爪交換は初めてで全く知識・経験がないのでこれから一つ一つ勉強します。
ざっと見1台のトラクタで使われている爪の形状には4種類合計28枚あります。
それに相当な泥付着とボルトが錆び付いているので中々手強そうです。

 
 爪の手配はこれからですが、交換を今度の連休当たりに行いたいと思っています。
その準備の為、トラクタを一度綺麗に洗浄したいのですが、ブラシ洗浄では中々大変です。(ズクなしです)
そこで先ず動噴(エンジン噴霧器)を捜しています、昔義父が使っているのを見ましたので、どこかにあるはずです。


2015.04.25
関連記事

Comment

No title

トラクタがあると便利でいいですね。農業をやめても車庫前の雪かき(雪踏み)にと手放さない人もいます。
トラクタはソリッド・タイヤと思い込んでいたら、写真ではバルブがついていてチューブ・タイヤなんですね。
門前の小僧ですが、
「現代農業 5月号」では、タイヤの跡をローター爪で土を掻き上げて消すとありますが、この爪では…。それとアワーメーターはついていませんか? 

No title

 こんばんは
トラクターは大きくて電柵内に入れないので、もっぱら何も作っていない畑の草取り専用機です。
今はこれがないとどうにもならない状態です。
 
 最近ようやくエンジンのご機嫌取りの方法が分かってきました。
中古で取説もないので、オイルだけは見てきましたが、メンテナンスは初めてで手探りでやっています。
アワーメータは付いていると思いますが、次に行ったときに確認してみます。

No title

確かホンダには4WS+フルタイム4WDというトラクタがあったと思いますが、ひょっとしてこれですか。画期的なトラクタなので、ホンダにネット博物館があれば載っていたりして…。

乗用車の4WSがはやったころだったと思います。自動車の最後のメカ競争のよき時代=お客にとってはトンデモない物をつかまされ時代でもあります。それまで自動車はメカ式制御なので電子制御が何故ないのか不思議に思っていました。結局は出来の悪いメカをどんなに電子制御をしても名車にはなれなかったのですが。

ところで、ご存知と思いますが、取扱説明書、整備書はパーツとして取り扱っているところが多いですが。私も、古いロックミシンをもらったのですが、かなり前に製造中止・メーカー撤退していました。ネットでコピーを売ってくれるところを見つけ手に入れました。パーツも代理店在庫がありました。
自動車など輸送機はパーツの供給年限は非常に長いですね。

No title

 いつもながら驚きました。
米搗さんは博識ですね!!

 使っているトラクターはホンダ製の”マイティ13R”です。
発売は1988年以降の様ですから、最も古いものだと27年前となります。
”4WD”と”2WD”との切り替えが出来ますから、米搗さんが云っている高級機種ではないですね。

No title

 本日畑に行ったのでトラクター確認してきました。

”アワーメーター”は付いていませんでした。
WEBで見るとこの機種は未だに中古で取引されている様ですが、アワーメーターが無いので人気が無いとの書き込みがありました。
一番古いものだと約30年前という事になりますから、ちょっと手を出すのに躊躇しますね。
しかし我が家のトラクターはまだまだ現役で頑張っています。
非公開コメント