つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

砂利篩(エントランス工事の付録)

 ”砂利篩”を造ってみました。

 コンクリートの材料や通路の敷石として使う砂利は結構使用頻度が高く、これまでも畑の砂利を篩って使うことがよくありました。
その時の使う篩も自作の物ですが、この作業を手持ちで行うと結構疲れます。
今回のエントランス改善工事での初日の腰痛の原因もこの手持ちでの”砂利篩”が原因でした。

 エントランス改善では、大量の砂利を篩わないといけないことが分かったので、途中から専用の”砂利篩装置”を造りました。


フルイ (1)
<篩は新規作製>


フルイ (2)
<砂利篩装置 : 単管は”一時拝借”の寄せ集め>


フルイ (3)
<砂利篩作業>



 このお蔭で大量に発生した砂利の分別が簡単に出来ましたので、”砂利”はブロック以外のエントランススペースに投入。
”土、砂”はブロックの穴に”玉竜”を植栽する時の用土として使用しました。


 さて前の”ガレージ入り口タタキ”は工事に4日間掛かりましたが、”エントランス改善工事”は3日間(埋設1.5日+植栽1.5日)で完了出来ました。
この違いは”コンクリート”を使うか使わないかの違いです。
ブロック埋設だけなら工事期間が短くて済みます。
一番のメリットは造設後でも簡単に変更が可能だという事です。(工事中の変更は今回も度々やっています)
暫くして気に食わなくなったら、変更や撤去も出来ます。(既存の駐車スペースの変更は良くやりました)

 以上をもって”電柵拡張”に端を発した、一連の”玉突き工事”は全て完了です。


2015.06.13
関連記事

Comment

No title

祝 竣工

昔、こういう篩を工事現場で使っていたのを思い出しました。
拡大写真で見ると、篩の四隅が組んである。脱帽!!

私も車の踏む所だけコンクリート踏み石を並べています。据え切りしたらズレてしまったがナジンだら大丈夫です。玄関前は敷地から出た玉石を埋めた石畳?です。同様に、目地に”玉龍”を植えています。
照り返しも少ないうえ、模様替えや保守を考えると便利だと思うのですが。

No title

 篩はこれまでにも何台か作っていますが、砂利篩は一度に数kg入れるので土や砂を篩う場合と違って丈夫に作らないと直ぐに壊れてしまいます。
接着剤とネジだけだと弱いので、一応あられ組で作りましたが、非常にいい加減な加工のものです。
非公開コメント