つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

玄米購入

 玄米を購入しました。

 昨年籾米を貰って以来”精米”に目覚め、更なる高見を目差しています・・・?
そこで玄米30kgを購入してきました。

 コイン精米機で精米を行う場合、籾米から精米出来る米の種類は”標準”と”上白”の2種類となっていて、これまでは何時も標準で行っていました。
更にその精米機は玄米からの精米も可能で、精米の種類として”5分”と”8分”の2種類が出来ると表示されていました。
そこで”玄米”を購入してこれまでできなかった『分搗米(ぶつきまい)』に挑戦することにしました。

 今回玄米を購入したのは”産直店”ですが、玄米で購入しても、それを全て店内の精米機で精米してもらっても同じ料金です。
以前なら精米してもらわないとないと大損をした気分になるところですが、今は精米する楽しみがあるので特に気にはなりません。(前に精米で過熱事故を起こした産直です・・・今回精米なしなので安心です)


玄米 <購入した玄米: 30kg、6回精米出来ます>



 この玄米5kgで今回”8分搗”を行ってきました。(これだと胚芽が50%位残るようです)
まだ我が家は玄米そのもので食べたことがないので、白米に近いところから段々に経験していく予定です。


 それから今回の目的がもう一つあって、それが米糠の収穫です。(こちらがメインだったかも)
先日の”タケノコ行脚”に先だって玄米を購入しました。
”タケノコ”が店頭に並ぶようになったので、これに備えて”アク抜き用の米糠”の確保です。
お蔭で米糠も確り頂いて来ました。

 さてこの8分搗きの米ですが、普通の炊飯器で普通に炊けます。
ただ確り噛まないといけませんが、噛むと甘みが出て非常に美味しいです。


2015.05.07
関連記事

Comment

非公開コメント