つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

スコップ柄修理

  『春に3日の晴れ間無し』と云いますが、今年は3日どころか晴れても1日しか続きません。
その貴重の晴れ間の週末に畑仕事をしていてスコップの柄が折れました。

 大分前に折れて栗木で柄を自作したスコップですが、穴を掘っていて無理をし過ぎて折れました。


<< 前回の修理内容 >>


スコップ柄修理 (1)
<折れたスコップ>


 折れたところはスコップの付け根です。
前回と全く同じ箇所で折れていました。
この自作の柄ですが、前に作った時このことを予測して(?)10cm長くしておいたのが功を奏し、今回は折れた部分を尖らしただけで簡単に修理出来ました。
15分程で簡単に出来ましたが、使った”削り馬(シェービングホース)”はこの手の作業にはなくてはならないものであることを改めて感じました。


スコップ柄修理 (2)
<久々に登場の”削り馬”で先端削り>


 NETでスコップの柄の破損箇所を調べてみると、”刃の付け根”と”ハンドルの付け根”の発生率が半々位のようです。
ですから柄を自作する場合は10cm長く作っておけばどちらにも有効だと分かりました。
前回意識して作った訳ではありませんが、結果的に”先見の明”が有ったようです。

 今回の修理で正常の長さになりましたが、次回もし同じところで折れれば少し短くはなりますがもう一度は修理可能です。



スコップ柄修理 (3)
<修理完了したスコップ>


2015.04.21
関連記事

Comment

非公開コメント