つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

雨水貯水システム稼働

 冬期間停止していた”雨水システム”の稼働を開始しました。


 雨の日が多くまだまだ寒い日が続いていますが、そういっても今後は氷点下の気温となる事は無いとみて”雨水タンク”に貯水を開始しました。
昔は冬場はこの貯水システムの配管を外して置いて、春の再稼働時に配管のやり直しをしていましたが、3年程前から配管はそのままで、出口の蛇口を開放して”垂れ流し”状態にしています。
ですから冬場は雨水も雪解け水も全てが配管とタンクを経由して用水路に流れ込んでいます。
この為最初、凍結破損の心配をしましたが、これまでのところこの事故は全くありませんでした。


雨水タンク   <雨水貯水システム: 排水は底の配管から>



 春の再稼働に当たってタンク内部を洗浄していますがほとんど汚れはありません。(秋の店仕舞にも清掃していますので)
タンクの水は底に取り付けた配管から排水する構造になっているので、冬場に通過する水で適当に洗浄されているようです。
それでも開始に当たっては満タンにしてから一旦洗浄しながら全て排水し、又貯水して洗浄を繰り返す事にしています。
ですから複数回の清掃が出来る今日の様な大雨の時を狙ってやっています。
それにしても今日は雷が鳴って大雨が降ったかと思うと、太陽が出たりを繰り返す、雨水タンクを清掃するにこれほど適した天候はありません、大助かりでした。
お蔭で清掃後でも両方のタンクが直ぐに満タンとなりました。


 我が家ではこの雨水を庭の水やりや洗車用に使っています。
金額的には水道水との比較では大した効果はないのですが、庭の草花や畑の野菜の生育には水道水より良い様です。
稼働後10年は過ぎて、とっくに原価償却は完了しているので今後も使い続けるつもりです。
ただプラスチック製ドラム缶なのでそろそろ寿命(割れ)がくるのではないかとの心配はあります。


2015.04.15
関連記事

Comment

非公開コメント