つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

冷凍保存コンニャク芋

 少し前ですが、コンニャク作りで残った生芋を2種類の方法で冷凍保存してありました。
 
  ①皮を剥いて、擂り卸して冷凍
  ②皮を剥いて、そのまま冷凍

今回はその内の”卸して冷凍した方”を使ってコンニャク作りをやりました。

 結論的には、生芋コンニャクと遜色ないコンニャクが出来上がりました。
ただ解凍方法に問題があり、改善が必要となりました。


 今回冷凍した物をそのまま浸漬処理の為水に入れましたが、厚みが有るため解けるまでに30分程掛かってしまいました。
その為最終的に全てが解けず一部が”ダマ(コグリ)”が残ってしまい、練り工程で取り除くのが大変でした。
冷凍庫から取り出した後、一旦完全に解かしてから浸漬する等、この辺は改善しないといけないと思います。


冷凍保存 (1) <浸漬解凍・・・解けるに30分掛かりました>


冷凍保存 (2) <完成したコンニャク・・・色が赤黒くなりました>


 一番肝心な完成したコンニャクの味及び食感はこれまで作った”生芋コンニャク”とほぼ同じで、冷凍の影響はほとんどなく美味しく頂きました。
ただ色だけが赤黒く、これまで作ったコンニャクとは少し違って見えます。
ただ”ピンクコンニャク”の様な”エグミ”はありませんでした。

これなら冷凍保存で一年中、生芋コンニャクを食べることが出来ます。


 尚次回は比較の為もう一種類の方でコンニャク作りを行う予定です。


2015.04.17
関連記事

Comment

非公開コメント