つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

歩行訓練

 来月に入ると早々に山岳会の月例山行が始まります。
今日は快晴で最高気温20℃ということもあって、冬の間になまった体を鍛え直さないといけないので本当に泥縄ですが”歩行訓練”に行ってきました。(・・・リハビリですね?)


 行先は何時もの林道です。
毎回やり方は同じで、出来るだけ早足できっかり1時間休みなしで林道を登り続けます。
1時間たったら休憩し、その場所を確り覚えておきます。
次回はまた同じ道を同じように1時間登り、それが前回の最高到達地点より延びていれば成功です。

 ところが今回40分行った所で、雪が道を覆っていてスニーカーなのでそれ以上登るのは断念しました。
毎年この時期なのですが、今年は意外にも雪が多いのでしょうか?


歩行訓練 (1)
<歩行40分地点: 雪の為断念・・・体力も限界?>

歩行訓練 (2)
<下の東屋からの諏訪湖の眺望>


 さて今日は色々な事がありました。

 まず10分程登った所で”猿との遭遇”、林道の行く手を3匹の猿が横切って逃げて行きました。
この林道で猿を見たのは初めてです。(直ぐ下に畑があります、生息範囲が広がっているのでしょうね)


歩行訓練 (3)  歩行訓練 (4)
<途中に綺麗な沢がありました: 水ぬるむ春です>


 次に30分程登った所で後ろから来た軽トラに追い抜かれました。(車に会うのはこれが初めて)
その軽トラは暫く登った所でUターンして降りて行きました。
行きも帰りも私は挨拶したのに、車の窓は開いていたにもかかわらず真っ直ぐ前を向いて無視されました。
どうも怪しい車です!!(ナンバーは確り覚えました)
もし”不法投棄の現場”にでも遭遇していれば物騒な世の中なので・・・ともかく何事も無くて良かったと胸をなで降ろしました。(猿より怖いですね)



 東屋で一休みした後、帰りは一目散に駆け降りて来ました。
もう一つ目的があります。
登りの途中で狙いを付けた物の収穫です。


歩行訓練 (5) <今回は”フキノトウ”>


 まだ枯草の下にあって、葉っぱを取り除かないと見えません。
やっと顔を出したばかりの綺麗な真ん丸なフキノトウの大収穫でした。
収穫を終えたところで下から”肥料袋”を手にして、登りながらフキノトウを取って来る人と遭遇しました。
後5分遅かったら、収穫0となっていたところでした。(アブナイ、アブナイ)

 誰も入らない林道だと思っていましたが、この時期意外に入る人が居ました。


2015.03.31
関連記事

Comment

非公開コメント