つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

殺人ガス

 今年最初の”レホール(ホースラディシュ)”を使った”ワサビ漬け”を作ってみました。


昨日畑に行った帰りに、レホールを収穫してきました。
 ”レホール”の栽培を始めてから数年となりますが、ようやく”大物”が収穫できるようになりました。



わさび漬け (1) <収獲したレホール>


 レホールの旬は春だそうです。
それも雪が消えてから、株が発芽するまでの極短い期間が一番味が良い(辛い)そうです。
これまでは葉が茂っている時期に収穫していましたが、葉が有る時期の味は旬の物と比べるとイマイチのようです。
今回この収穫したレホールで”醤油漬け”と”粕漬け”を作りました。

 収穫したレホールは約1kgで、そのうち500gを使いました。
これまでは一度に200g程度作ったのが最大で、500g使ったのは初めてです。
これがそもそもの間違いの元でした。


わさび漬け (2)  <皮を剥いて細切れ>

わさび漬け (3) <フードプロセッサーで粉砕: 扇風機で風を送って作業します>


 加工途中で発生する強烈な刺激性ガスにはこれまでも苦労してきたので対策として、扇風機を掛けて風上で作業することにしています。
今回も同じようにしたのですが、途中から涙が止まらず、鼻水も噴き出してきて最後は呼吸困難となって慌てて隣の部屋に逃げ込みました。
レホールから発しするガスが部屋に充満していて、再び部屋に入ることが出来ません。

 これまでは特に問題なく加工出来ていたので、扇風機の対策で十分だと思っていました。
ところが夏場は部屋はほぼ解放状態で行っていたのですが、今回はまだ寒いので戸や窓は閉め切った状態です。
おまけに作っているのが従来の2.5倍もの量です。
扇風機を使っても狭い部屋の中の空気をかき回すだけなので次第に濃度が高くなってきて無防備の顔に一気に襲い掛かってきてしまいました。
隣の部屋に居ても次第に濃度が高くなり、咳が止まらなくなったので意を決して部屋に入って全ての戸と窓を開放しました。

 ”旬のレホール”の辛さは『殺人的』でした。


わさび漬け (4) <命がけで粉砕したレホール>


わさび漬け (5) <完成品: (左)醤油漬け、(右2つ)粕漬け(粕は自家製です>


 今時期が旬ということで、この完成した”ワサビ漬け”はこれまで作った中で最高の味でした。


2015.04.05
関連記事

Comment

No title

お花見の帰り道端で馬わさびを父が採て、辛くないと言ってたが、時期が悪かったのですね。
以来、本わさび>馬わさび と思い込んでいました。

「畑わさび」についた種を蒔いたら2株だけ芽を出しました。収穫して鉢替えをしようと思いますが、100gあるかなぁ~。これだけじゃ、京の小町も泣かねずら。
非公開コメント