つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

コンニャク芋の冷凍保存

 コンニャク芋の貯蔵方法を検討しています。
いよいよ暖かくなってきて、つい先日は最高気温が21℃になりました。
こうなるとヤーコンやコンニャクの貯蔵の限界になります。
特にコンニャク芋は芽が延びてくるとコンニャクを作っても美味しいものになりません。


 前にも”荒粉”で貯蔵の検討をしましたが、生芋コンニャクとは比較にならない味で止めました。
その為別の貯蔵方法の検討をしている中で”冷凍保存”の方法があることが分かりました。
その冷凍保存にも色々あり、産地では”丸のままで冷凍”するそうですが、その外”皮をむいて冷凍する”とか”擂り卸して冷凍する”などの方法があるそうです。


 NET検索してもどれが最適な冷凍保存方法なのか明確に書いてないので、自分で試験をして確かめる事にしました。
ただ丸のまま冷凍するのは、冷凍庫の容積が小さく却下。
次の2方法で試験をすることにしました。
  ①切って皮をむいて冷凍
  ②皮をむいてから擂り卸して冷凍


コンニャク冷凍 (2)
<試験した生芋: 1.5kg、2等分して比較検討します>


コンニャク冷凍 (3)
<皮をむき後重量ジャスト1kg、これを500gづつに2等分>



コンニャク冷凍 (1)
<冷凍保存形態: (左)摺り卸し品、(右)切断したまま>


 これをしばらく冷凍してから、それぞれコンニャク作りを行って美味しい方の保存方法を採用することにします。
そういっても4月に入ると芽が延びてきてしまうので、3/末頃までにはコンニャク作りをして最終判断する必要があります。


2015.03.19
関連記事

Comment

非公開コメント