つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

堆肥製造機改良

 生ゴミ堆肥製造器(てまわし君)の改良です。


堆肥製造機改 (3)
<改良後の生ゴミ堆肥製造器”てまわし君”: 下段の方です>


 今年は”生ゴミ堆肥製造器”が冬の間ずっと使用可能でした。
毎年ー10℃以下になると凍結して使えなくなるのですが、今年は全く凍結が有りません。
暖冬なのか、それともコイン精米で採取してきた”米糠”を沢山投入したのが良かったのか分かりませんが非常に順調でした。
例年冬場の使い方は、秋から使っている1台が凍結して使えなくなると、冬前に空にしておいたもう一台の堆肥製造器に投入を切り替えて使う事にしていました。
ところが今年は凍結が無いので、ここまで1台を継続して使い続けています。


 ここでその空の1台へ切り替えて使おうと思ったところ、木製の回転台が腐って回転できなくなっていました。

堆肥製造機改 (1)
<腐ったこれまでの木製回転台>

 これまでも木製の回転台は腐りの為ほぼ3年毎に新規に造り替えて来ました。
これが結構大変なので今回新たに金属製に改良してみました。
単管用の”垂木留めクランプ”を使って、自作ローラーを組み合わせました。
これを単管にある角度を付けて固定すると、回転と側面のストッパー(横ずれ防止)を兼用できます。


a-自作ローラー
<自作ローラー>

 自作ローラーの取り付け角度はCADで正確に計算出来ていましたが、実際の取り付けは大変でした。
それでも苦労した甲斐があって、設計通りの機能を持たせることが出来ました。


堆肥製造機改 (2)
<改良ローラーに乗った、生ゴミ堆肥製造器>


 2台の堆肥製造器が使えると、一年中切れ目無く堆肥製造が可能です。
現在満杯の上段の堆肥は春から夏に掛けて使用し、ここで使用開始した下段の堆肥は夏から秋に使用出来るはずです。
お蔭で自宅の前庭の野菜作りは、ここ10年間100%自家製堆肥だけで行っています。(当然無農薬です)


 ようやく暖かくなってきて、今年ももうじき”野良仕事”の開始です。
まだ何も作付計画を立てていないので焦らないといけませんね。


関連記事

Comment

No title

コンポスター(100L位)では分解が遅くすぐ一杯になるし、虫も沸くしで、「てまわし君」を作ろうと青いプラドラムを手に入れました。
アーカイブに青色は肉が薄いから茶色がしっかりしていていいとありました。
暖かくなりシーズン到来ですが、暫し思案中です。青色は目立って鬱陶しいし。

No title

米搗さん こんにちは

 コンポストでの堆肥作りは大変ですね。
時々”切り返し”をすればいいと思いますが、気持ちの良い作業でないのでついつい億劫になってしまいます。

 さて”青色のPLドラム缶”も種類が沢山あるのですが、いずれにしろ胴体部分の強度が弱いので回転装置の設計が肝になると思います。
生ごみ投入を2~3か月継続すると総重量が100kgを越えるので、設置面積(受け面積)が小さいとプラスチックが変形して回転できなくなってしまいます。
単管等で設置面積の広いローラーを使う設計ができれば可能性があると思います。

 適切なアドバイスが出来ませんが、上手い方法を見つけたら是非開示をお願いします。


No title

胴の投入口は剛性が落ちるから、鏡板に開けようかと考えました。
が、出し入れなどの操作性は悪くなるし、攪拌しても投入口がつまらないか思案中。

一度、水張りして転がしてみましょうか。

No title

 『けとばし君』(容量60㍑)で蓋から投入する方法で試験をしましたが、普段は立てておいて、切り返し(回転時)だけ横倒しにすれば、十分攪拌出来堆肥を作る事が出来るのは確認しています。
しかし200㍑容器(重量100kgを越える)を立てたり倒したりするのはかなりの工夫をしないといけませんがアイデアとしては非常に面白いと思います。
非公開コメント