つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

スモークウッド(第2弾)

 昨日は所属する山岳会の今年度の初山行の予定でしたが、雨予報の為中止になってしまいました。

それで1日そっくり空きましたので”荒粉コンニャク糊スモークウッド作り”第2弾をやってみました。

 前回の自作スモークウッドの成功に気を良くして更なる改善を試みています。
と云うより、前回は一応成功でしたがまじめにデータを取らなかったので、データの信頼性に不安(疑惑?)があって再度データの取り直しをすることにしました。



 又前回の結果から今回素材のウッドチップの粒子を更に細かく粉砕する改善を行いました。

 粉砕方法を色々検討しましたが、最終的にこの方法となりました。
『プロペラカッター式粉砕機』



粉砕機 (1)
<(左)容器は”ボンド(接着剤)容器”: 中々空にならない貴重な容器です/(右)この中に、自作のプロペラ型カッター(厚手の鉄板:ペール缶の蓋)を入れました>



粉砕機 (2)
<これを電ドルにくわえて回転させます>



粉砕機 (3)
<(左)粉砕前(チェンソー切削上がり)、(右)粉砕機上がり>



 容器にチップを八分目程入れて2分間程粉砕しました。
ただ原料チップの中に大きな木端が入っていると結構な衝撃があります。
それと自作のプロペラ型カッターには刃が付いていないので、大きなチップは粉砕出来ず残ってしまいます。
又木端との衝突でカッターが変形しました。
しかしスモークウッドとして使うには十分なサイズに粉砕が出来たと思います。

 この粉砕機の最大の利点は、完全密閉式なので粉塵が全く外に出てこない事。
チェンソーでチップを作る時はマスクを掛けても目に粉塵が入って大変なのですが、これはその心配が全くありません。
又発生した粉塵も全て回収できるので、スモークウッド接着にも有効なはずなので一石二鳥です。


2015.04.07
関連記事

Comment

非公開コメント