つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

代車

 奥さんの車の”代車”です。

代車 <フレアという名前の様です>

 代車と云っても新車です。(3,000kmしか走っていない車です)
代車なので普通なら乗ってもみないのですが、今回は人気車種という事で少し興味があって試乗してみました。
非常に眼につく色で乗るのも気恥ずかしいのですが、軽SUVのハスラーのOEM品です。



 昔は奥さんの車は何台か軽自動車だったのですが、今回久し振りに軽に乗りました。
この間、驚きの進歩が見られました。
キーレスエントリー&始動、アイドリングストップ、衝突回避装置、その他諸々、機能は普通乗用車並です。
軽なのでサイズ的にトランクルームはほとんどありませんが、それ以外の室内の広さはかなりのもので、大人4人乗っても全く問題無いレベルだと思います。


 私の一番の関心事は”3気筒エンジン”。
昔は軽でも4気筒エンジンが普通だったのですが、今は軽では1機種(パジェロミニ)以外は全て3気筒エンジンになっている様です。
昔は3気筒エンジンと云えば、音が五月蝿い、振動が大きい、トルクが小さい等良い事が無いと言われていましたが、最近は1500ccの小型車まで3気筒に移行していると聞いていまして、そのエンジン性能を確かめたかったのです。

 
 試乗結果
 昔の軽自動車と比較すると格段に乗りやすい車になっていました。
肝心のエンジンですが、まだまだですかね?!(660ccだから、しかたないか)
ただ普通に大人しく乗っている分には特に不満はありません。
吹き上がりも良いですし、トルクもそこそこあります。

 ただ急加速ではやはり3気筒エンジン特有の振動が大きかったり、音も五月蝿いです。
低速での振動もやはりそこそこありますが、”アイドリングストップ”機能があるので、一時停車中はエンジンもストップしますので全く振動を感じません。(当然です・・・但しアイドリングストップが効かない時は結構な振動があります))
アイドリングストップは3気筒エンジンの”隠れ蓑”、上手い手ですね。


 試乗の総括(・・・あくまでも個人の感想です・・・最近のCMと一緒です)
 
 ”機能”、”性能”から近間で一人で乗り回すには全く問題無い車だと思います。
 昔乗っていた軽自動車と比較すると雲泥の差、格段に扱いやすい車に仕上がっていて完成度は高いと思います。
 
 しかし3気筒エンジンは私の好みではありません。(個人の主観です)
これも普通に乗っていれば気が付かない程度ですから、燃費を考えればよく出来たエンジンだと思います。

 ただこの車の価格が小型車とほとんど同じであるという事を考えると、燃費第一主義とか軽自動車でなければならないとかの特殊事情が無い限り、個人的には購入対象にはなりそうもありません。

 やはりまだまだ暫くは”G”が感じられる車に乗りたいですね。

2015.03.27
関連記事

Comment

No title

軽自動車に関しては、全く同感です。。。
非公開コメント