つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

新製材機(駆動系)

 新製材機に”駆動装置”を設置しました。 (暫定です)
 
 駆動の原動機は単相モーターです。
このモーターは昔ボール盤に載っていたものですが、壊れた為新しいモーターに交換後も捨てずに残してあった物です。
分相始動型単相モーターで(だと思います?)、遠心力切り替えスイッチ(始動メカ)が壊れた為修理不能でした。
自力始動は出来ませんが、通電後軸を手で回してやるとどちら方向でも回転出来る優れものです。(・・・??)
パワーはあまりありませんがそれでも製材機の駆動系が機能するかどうか確認するだけなら使えるので、確認はこれで行う事にしました。

駆動系 (1)  <駆動装置を取り付け>




駆動系 (2) <駆動部>



 このモーターでも一応回転させる事が出来、高速回転でもブレードはタイヤから外れずに回りました。
これでアライメント調整機構は十分使える事が分かりました。
しかし装置全体の振動は大きく、土台にしていた重いバイスも含め装置全体が回転を始めてしまいました。
この原因はタイヤの偏心(加工精度が悪く真円でない)とベアリングの不具合にありそうです。
もっと精度の高いタイヤがあればいいのですが、中々悩ましい問題です。


[]
 <動画>

2015.04.09
関連記事

Comment

No title

一桁km/h用のタイヤはバランスどころかフレも大きいのでしょうか。
それでもガイドなしでブレードが外れないのはすごいですね。

No title

 おはようございます
今”ブレードガイド”を製作中ですが、タイヤの振れの為苦労しています。
バランスはおもりで何とかしたいと思っていますが、振れはどうしようもありません。
このまま”一輪車タイヤ”でいけるのかどうか思案中です。
非公開コメント