つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

鳥餌

 我が家の庭に最近沢山の”鳥”がやって来るようになりました。

 圧倒的に”(△1)ヒヨドリ”が多いですが、それより小型の鳥も時々来ています。(名前が良くわかりません) 


 理由は分かっています。
毎年収穫時に出た”屑ヤーコン”をガレージ内に保管していますが、先日見たら肥料袋に入れていたヤーコンのほとんどが腐っているのを見つけました。(ただ土嚢袋に入れたものは問題ありませんでした)
この腐ったヤーコンを庭の隅に捨てておいたら、鳥が見つけて餌場にしている様です。
冬場で最近雪が良く降るので、周辺で餌を見つけづらくなっているのだと思います。


モズ
(△1)ヒヨドリ


<動画>



 小鳥の方を見たいのですが、(△1)ヒヨドリがいる時は小鳥は来ません。
小鳥は見ていて楽しいですが、(△1)ヒヨドリだけは鳴き声が騒々しくて閉口です。


2015.02.23
(△1)2015,02.24 米搗さんのコメントにより訂正
関連記事

Comment

No title

ヒヨドリだと思います。
頭の羽を逆立てていて、ヒーヨヒーヨと鳴き、波状に飛びます。
ホバリングをして桜などの蜜を吸います。行儀が悪く小鳥を追い払います。

庭にメジロのためにミカンを吊るしておくと、ヒヨドリが食い散らかすので、この冬はやめました。
昨年のうちからヒヨドリは餌不足のようで、木にあるミカンやキンカンを食いあらしています。
キャベツ、ブロッコリーなどは葉を食べられ筋だけになっています。ロウバイの葉まで食べていたのには驚きました。
よほどの食糧難のようです。

暖かくなって北国へ早く帰らないかと待っています。

No title

 米搗さん こんばんは

 ありがとうございました。
 ”ヒヨドリ”ですね。
これまでずっと”モズ”だと思っていました。
昔、貴重なキンカンを食べられた苦い思い出があります。(この辺ではキンカンは数年に一度位しか実りません)
今の鳴き声がキーキーと非常に耳障りです。

No title

ヒヨドリは餌を見つけるとピー ピー とけたたましく鳴きたてて連合いを呼びます。そして、静に降りてミカンやキャベツを食べてゆきます。なぜか作物を盗む時は鳴き声をたてません。罪の意識か?
春にはホバリングして桜の蜜を吸い、いい声でさえずります。かって、探鳥会で名前をきいたら返事をしてもらえないくらい普通の駄トリのようです。
ブルーベリーは花を食べにきて、実がなるとヒナを連れて食べにきます。
メジロは慎ましくてかわいいのですが、ヒヨドリは食べ散らかすので我が家では害鳥扱いです。ニックキ奴です。

冬になるころ、山から里へ、北国から暖地へ移動して冬を越すようです。(研究されていないそうです) 渡り鳥条約があって、移動しても国境を越えないので渡り鳥とは呼ばないそうです。

ところでモズは虫、小鳥、トカゲなどを食べ肉食です。鳥籠の小鳥も襲います。猛禽類と言っていいでしょう。

No title

 こんばんは
米搗さんは、鳥類にも中々詳しいですね。
私は鳥には余り興味が無くて、名前も覚えないので庭にどんな鳥が来ているのか良くわかりません。

 捨てたヤーコンもヒヨドリに粗方食べられて、現在ほとんど来なくなってしまいましたがこれからは鳥にも少し注意して見てみたいと思います。
非公開コメント